プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
幻の魚グッズ
虹色魚(にじいろぎょ)

とあるお取引先限定で魚グッズだけをセッセと作っております。わけあって売り場にはお魚以外は
置けません。そこでビリーさんちでは定番お魚グッズとして、メダカやイワナ、ヤマメとハート魚(ぎょ)、
水玉魚、ついでにどさくさに紛れてカエルにカニまで作りましたが、

どうぞ写真をご覧ください。本日の写真はグッズ名(めい)虹色魚(にじいろぎょ)と呼んでいますが

             IMG_0286_convert_20170426223313.jpg

この虹色魚はうろこの部分が細かく色数も多いために、さあ、やろう、と一大決心をして、仕事に取り組まないと
いけません、その虹色魚が昨日やっと完成しました。

ハイ、虹色魚は完成しましたが、今朝起きたら左のほほが腫れていました。肩はグッきり重く歯ぐきから
出血も、がんばって作ったのに体の疲れに追い打ちをかけるように、ビリーさんちから少し離れた集落の
小学生女子に「ピラニア」でしょう、と言われました。ガクッ、
スポンサーサイト
どどどっと、ボタンです
サンタさんがやって来た

日曜日の午前6時20分頃でした。爆睡中だったと思います。ピンポン、という音がしたような、
同居人?も反射的にその音に反応して目が覚めたようです。

誰か来たよ、そうらしいね、やっぱり今のはうちか、出てみたら、行って、行って、この格好で
私は出れないよ、バット持って行った方がいいか、・・・・・・・、

こんな会話のあとでビリーさんが二階から階段をバタバタとスリッパも履かずに玄関に、
ハーイ、と声を出しながら玄関ドアを押して外へで出ると青い軽トラが走り去って行くのが見えました。

ハイ、郵便ポストの取り出し口?の上に何やらありました。
どうぞ写真拡大でご覧ください。IMG_0332_convert_20170423232356.jpg

白いボタンです。こんなに沢山なんなんだろうと思いましたが、

その2時間後です。サンタさんの素性(失礼な言い方でスミマセン)とボタンを届けてくれた
理由もわかりました。

                          IMG_0331_convert_20170423232216.jpg

これで正解ですね。あとはボタンに色を塗ってツリーを完成させてみます。
夏休みのイベントグッズに
クリスマスツリー

とあるお取引先からの依頼で夏休みの子供向け体験教室用の「クリスマスツリー」の試作を
頼まれました。期限は5月20日までです。

ホテルの宿泊客の小・中学生が対象のようです。制限時間?は1時間ということです。
あまり簡単に完成しても困るし、材料代が高くてもまた困る、という厄介な?注文です。
どうぞ写真拡大でご覧ください。
                              IMG_0309_convert_20170421221403.jpg

白木の板を糸のこで切り抜いて紙やすりで磨いて、板の脇と表面を色塗りしました。2度塗りです。
ツリーの茶色い幹の部分は色塗り作業員の仕事ですが、どことなくいい加減ぽい丸い点のようなものは
ビリーさんが付けました。

さてさて、このあとですが、このツリーに黄色く塗った星を張りつけようと思いましたが、
仕事上の上司から、待った、がかかりました。丸い形のボタンに赤や黄色、青でもいいらしいのですが、
色塗りして張りつけた方がずっと可愛いと、

どうぞ写真拡大でご覧ください。

                 IMG_0313_convert_20170421221514.jpg

試しに白木の星を3つほどツリーの上に乗せてみました。これに色を塗れば、どうですかね。



男1女2でランチ
ギャラリーここ音(ね)さんで

4月生まれの師匠のために那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)が栃木県
大田原市のとあるお店にランチに誘ってくれました。なかなかこのメンバーで外食をする機会はありませんが、
そこはそれ全員大人ですから、普段から腹に秘めたことはあっても顔には出しません(スミマセン悪い冗談です)

男1女2の会話と言えば終始那須の女さんが話の舵をとり、ビリーさんはまるで別人28号、借りて来た猫の
ようにおとなしく、師匠は「そうなんだ」、「知らなかった」、わたしがビリーさんにそんな口きいたらぶっ飛ばされ
るよ、を連発しておりました。

なごやかなランチタイムも1時間ほどで終わり、イケイケムードでビリーさんちのグッズを置いて貰っている
大田原東武百貨店から車で10分の距離にある「ギャラリーここ音(ね)」さんというお店に向かいました。
あんみつを食べに、ビリーさんの車で、
               IMG_0308_convert_20170419215446.jpg

どうぞ写真をご覧ください。男1女2のメンバーですが、なごやかな雰囲気が伝わりますでしょうか。





荒れ庭を眺めては
ムスカリの花言葉は、、、、、ちょっとですが

ビリーさんちの荒れ庭の西側に毎年ムスカリを少しずつ植えては増えるのを楽しみにしております。
先日商品の棚卸しで久しぶりに那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)のお店に
行った時に何気なく「ムスカリ」が好きだと話したところお店や自宅の庭に自生(じせい)?しているムスカリを
捨てていると聞いて、

捨てるなら今度からビリーさんにくれ、といったんです。

ハイ、その翌日ですかね。那須の女さんから電話が来て近くの空き地にムスカリが沢山あるから、
スコップ持って取りに来い、と言うんです。忙しくて行けない、と言ったらムスカリ取って来たぞ、と連絡を
貰いました。

話の内容から空地の土が硬くてなかなか手に負えなかった様子でした。ありがとうを連発してビリーさんちの
近くのコンビニの駐車場でムスカリを受け取ったのですが、

別れ際に那須の女さんから「ムスカリ」の花言葉を聞いて、思わずガクッ、と、ビリーさんがムスカリを
好む訳がわかるような気がしたとかしなかったとか、どうぞ写真をご覧ください。
ビリーさんちの庭のムスカリです。

               IMG_0305_convert_20170417140936.jpg

「ムスカリ」の花言葉はくれぐれも自己責任でお調べください。