プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
通行人の方との会話
外仕事は厳しいですよ・・・・・、とお話を、

月曜日(26日)です。午前中のインスタントコーヒー、ショートお茶タイム(午前11時頃)の少し前でした。
珍しくビリーさんちの北側の道路を黒い傘をさしながら歩いて来た男性がいました。その男性の顔に
見覚えはありません。

その時のビリーさんといえば、麦わら帽子に粉じんマスク、ズボンの上からは冬用のキルティング生地の
年代もののパンツ?をはいていました。

              IMG_0603_convert_20170626211417.jpg

こんな作業を必死にやりながらです。何こさえているんですか、と男性が、それに対して直ぐ返事が
できません。なにしろ板と板を今まさに木工用速乾ボンドで張りつけて板と板の間に1ミリのずれも
出せない状態でしたので、

すると男性が忙しそうだねと、スミマセン、とビリーさんが、優雅にやっているようだけど(見た目の雰囲気だと
思います)趣味かい、と男性が、違いますよ、とビリーさんが、

腰を屈めて周りにあった小さな木端(こっぱ)を手にとって、これ捨てるんなら薪ストーブの焚きつけに
貰ってやるよ、まとめて置いてくれればあとで車で取りに来るから、と男性が、

お前ねえ(心の中で)と思いましたが、きついことは言えませんから、どうするか、と考えていたら、
人の話し声が聞こえたようで、勝手口から師匠が出て来ました。


                IMG_0600_convert_20170626211459.jpg

あっ、奥さん、ちょうどよかった、いらないビニール袋持ってきて、おれこれ(ちいさな木のことです)
貰って焚きつけにして使うから、と男性が笑顔で、

ハイ、そのあと5分もしないで男性はそそくさと立ち去りました。これはこれで使い道があるんで、
捨てるわけではありません、と言ったんです
、うちの○○が、






スポンサーサイト
楽なお仕事のはずが、
納期は5日とか

年に何回か材料の板を買わせて貰っている福島県白河のとある材木店の事務員さんから
電話が掛かって来ました。

厚さ3mmのシナ合板材で特注ですが糸のこで140枚、大きさは縦5㎝横4㎝の形のものを
作って貰えませんか、と事務員さんが、糸のこで切り抜くだけでいいんですか、とビリーさんが、

そうです、と事務員さんが、納期はどれぐらい見てもらえるんですか、とビリーさんが、
少し電話口で待たされて、6日でどうですか、磨かなくていいんですか、

また少し待たされて、切り抜いてくれさえすればいいそうです、と事務員さんが、
出来上がったらそちらまでお届けですか、とビリーさんが、

今度は5分以上会話が途切れて、じっとビリーさんは待っていましたよ、

すると詳しいことは直接依頼主さんからお聞きになってください、と事務員さんが、

電話が切れる前に、あっ、スミマセン材料の板ですが、3mmの厚みのものはいままで使ったことが
ないので、そちらに在庫でありますか、とビリーさんが、

この回答は早かったです。いま在庫がないので取り寄せで4、5日にはかかると思います、と事務員さんが、

どうぞ写真拡大でご覧ください。写真左の形を切り抜くわけですが、

                             IMG_0599_convert_20170624220835.jpg

 この商談ですが、最悪の場合、材料が材木店からビリーさんちに届くまでにたっぷり4、5日かかって、
翌日の午後4時までに依頼主の方のお住いの福島県郡山まで届けなくてはなりません。

なにも無かったことにしました。材木店の事務員さんもその方がいいと、太鼓判?を押してくれました。
悪い夢でも見た気分です。
猫グッズのウエルカム
中学生女子の意見をきいて

ビリーさんちから少し離れた集落の中学生女子が言うことには、
ねえ、ねえ、見てみて、これ、可愛くなったよ、と中学生女子が、どうぞ1枚目の写真をご覧ください。

                 IMG_0575_convert_20170622211946.jpg

なんだ、これは、とビリーさんが、ククッ、と笑って、女の○△、猫のウエルカム出来ました、と中学生女子が、
師匠に、

月に2,3回自分が時間がある時に勝手に師匠のところに勉強を見てもらいに来る中学生女子が、たまたま
商品棚に並べてあったキッチンペーパーホルダー用のグッズ名(めい)ドラネコを取り出して、IMG_0569_convert_20170622211835.jpg

2枚目の写真がキッチンペーパーホルダー用のドラネコです。これに中学生女子がウサギのウエルカムの
ウエルカムボードをドラネコの上にふざけて?置いたのが1枚目の写真です。
おまえ、なに考えているんだ、とビリーさんが、

ハイ、その10分後ですかね。男1女1に中学生女子が加わって激しい意見を出し合った結果、、ドラネコの
ハートをもう少し小さくして中学生女子の提案?を受けて商品化が決まりました。

完成したこの猫のウエルカムがまったく売れなかった時は、1個は中学生女子が祖母に
買って貰う、ということでした。


姫バラ?です
1鉢100円のバラがこんなに・・・・、

那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)のお店の庭の姫バラがちょうど
満開?だよ、とメールを貰ったので那須納品の合間にちょこっとお店に寄らせてもらいました。


                   IMG_0566_convert_20170620212143.jpg

数年前にとあるスーパーの園芸コーナーで購入した小さなバラの苗が年々大きく今年も綺麗に咲いて
いました。

                   IMG_0567_convert_20170620212351.jpg

2年前に那須の女さんから貰った枝というんですかね、さし芽をした枝も植木鉢で順調に育ちビリーさんちの
庭でも花が咲き始めました。

1鉢100円だよ、が那須の女さん口ぐせですが、値段のことは別として、この姫バラ?は綺麗かと
水郡線袋田駅
茨城県大子町(だいごまち)へ

袋田の滝で有名な茨城県大子町まで大田原市のなかがわ水遊園にグッズの様子を(商品の動きを)見に
行った帰りに出かけてみました。

袋田の滝には何度も行っていますが、水郡線(すいぐんせん)の袋田駅というのを見たことがありません。
大子の街なかをウロウロしたあとで、ナビを頼りに袋田駅へ、

          IMG_0554_convert_20170618213417.jpg

意外でした。無人駅です。駅前もひっそりとした感じでそれがかえって趣きが感じられました。
駅舎に入り無人の改札口を通ってホームへ、いやあー感動しました。
かってに高倉健のとある映画のワンシーンを思い浮かべていました。

                           IMG_0556_convert_20170618213500.jpg

その後ですが、久慈川沿い(くじがわぞい)の道幅の狭い道をクネクネ走りながら、いい所だねえ、
を連発していたら、幅の狭い木橋に出ました。

                    IMG_0558_convert_20170618213655.jpg

車を川の近くの空き地に止めて、橋を歩いて渡ってみました。重量制限1トンです。
橋を渡り始めて直ぐ左上の方に表の道路が見えました。ここを渡ればかなりの早道です。

周りの景色を十分堪能しました。車に戻ってエンジンかけて、橋に向かってゆっくり前進、

ハイ、その時ですかね。まさか、渡らないよね、と同乗者が、普通は渡るでしょう、とビリーさんが、
たぶん、車川に落とすよ、と同乗者が、さっき軽トラが渡ったでしょう、見てなかったの、とビリーさんが、

軽で地元の人でしょう、と同乗者が、

このあとの同乗者の行動ですが、車を降りて川を眺めながら橋をのんびり歩き始め向う岸に、
ビリーさんはもちろん・・・・・・・、

               IMG_0560_convert_20170618213727.jpg

久慈川には釣り人の姿もちらほら、この木橋ですが軽自動車で運転に自信がある方ならいいかなと