プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
1枚の写真
店内の雰囲気が伝わりますか

雨の日が多く外仕事(糸のこ作業)が出来ません。その為に色塗り作業員に渡す白木のグッズが
ついになくなってしまいました。色を塗って仕上げるものがない、ということです。

こんな時は色塗り作業員を外に連れ出してなるべく家で色塗り仕事をする時間を減らす工夫をしています。

               IMG_0744_convert_20170818095739.jpg

どうぞ写真拡大でご覧ください。那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)のお店の
店内を写したものです。色々女2男1で話をして、今後の作品づくりに参考になるような話題もでました。

店内は無断撮影禁止になっておりますが、無断で1枚だけ撮らせてもらいました。素敵なお店です。

スポンサーサイト
売り上げ協力に
お店の壁にも星条旗グッズが

今年の5月に那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)のお店が地方紙に取り上げ
られて(お店紹介)、新聞に載ったその日から来店客がどどっと増えました。そのおかげでお店に置いてある
ビリーさんちの木雑貨も活発に動いて売り上げがぐっとあがりました。

そのお礼を兼ねてお盆中にビリー家全員(2名ですが)でランチを食べに、売り上げ貢献に行って来ました。
イヤイヤイヤ、前にもまして店内のグッズの配置というのか、飾りというべきか、パワーアップしていました。

            IMG_0743_convert_20170816230607.jpg

どうぞ写真拡大でご覧ください。那須の女さんの手づくり作品です。それにしても星条旗グッズ?がお好き
なようです。
可愛いというべきか、ユニークと呼べばいいのか、発想がいいですね。もちろんこれを見て可愛い、を連発
しましたので無事家に戻ることができました。

よさこいの踊り手
天使のはずが・・・・、

お盆中のとあるお取引先の売り場でお客さまどうしの会話が聴こえてきました。

ねー、見て、これ可愛いよ、手づくりだって、ふーん、何々、これ、ちょっとやだ、よさこい、とお客さまたち
数人が話していました。

色違いで買って行こうか、後ろにクリップだよ、クリップ、冷蔵庫につけるの、

どうぞ写真拡大でご覧ください。

                  IMG_0740_convert_20170814211702.jpg

お客さまたちの話を少し離れたところでグッズの整理整頓?をしながら聞いていましたが、どうやら
写真のグッズをよさこい踊りの踊り手さんだと思っているようです。
どうみても可愛い?天使だと思うのですが、

随分長いことその場にがんばって商品を選んでいましたが、全員が手に取ってレジで無事会計も済んだので、
この際踊り手でも踊り子でもまあ、いいかと、ただこの商品は冷蔵庫にはペタンと付きません

ヤマザキのコッペパンを探して
大人2子ども3でスーパーのはしごです

お盆前に学校の夏休みの宿題を終わらせたい、という小学生3名とお盆前に1個でも多く定番商品の
在庫を作っておきたいという大人2で、ことの成り行きからスーパーにヤマザキのコッペパンを買いに
行くことになりました。

師匠に簡単な勉強を教えて貰っている小学生が午前中に家に来ましたがたまたま小学生の勉強中に
不意の来客がありどうしてもお昼からも勉強を見ることになってしまい、お昼は全員ヤマザキのコッペパンと
ビリーさんが無理やり決めたつもりでしたが、小学生の女子1名がヤマザキのコッペパンに詳しくて、

ヤマザキのコッペパンなら焼きそば&マヨネーズかナポリタンスパゲティが食べたいと、
そんなものあるのか、と師匠とビリーさんが同時に吠えて、

スーパーを3ヶ所も回ってしまって、焼きそば&マヨネーズは2個見つけましたが、ピーナッツクリームと
ジャムマーガリン、つぶあん&マーガリンしか買えませんでした。ガクッ、

田舎じゃあ、売ってないんだよ、つぶあんかジャムコッペパン、あとは菓子パン食え、とビリーさんが、

               IMG_0739_convert_20170811230625.jpg

ハイ、その30分後ですかね。帰り道の鯉のいる大きな公園の日蔭でベンチに全員で座って公園の
係員さんの目を盗んでコッペパン鯉にあげようかとおもいましたよ、
農業感謝祭とか
焼きトウモロコシを食いそびれたお話です

仕事上のお付き合いはまったくないけど、ちょっとしたご縁で1年に何回か顔を合わせる地元農家の男性が
います。その男性と1週間ほど前にとある町のホームセンターでばったり出会いました。

そこでこんな会話を・・・・・、今度の日曜日○△の道の駅に遊びに来ないか、感謝祭やるんでおれ多分
トウモロコシ焼いているから、みんなで来なよ、(みんなと言っても2名ですが)ご馳走するよ、

えっ、いいんですか、じゃっかん1名は吐くまで食いますよ、とビリーさんが、待ってるよ、と男性が、

ハイ、感謝祭の日です。お昼頃は忙しくなるからなるべく早く、と言われていましたので、11時には会場に

                     IMG_0728_convert_20170809212750.jpg

テントの中にいる、と言うお話だったので必死に探しましたが、お目当ての男性はどこにも見えません、
オイオイ、と思ってそれほど広くない会場を行ったり来たり、別のテントで焼きそばを焼いていた女性たちが
何度もビリーさんたちに声を掛けて売り込みに忙しかったのですが、さすがに何往復もしているのに気が
ついて、おかしな目つきになって来たような、

焼きトウモロコシのコーナーにはお客さんは誰も並んでいません。こうなったら買って食べるか、
と言ったんですが、ここで、と連れが、うん、とビリーさんが、いま口をあけてトウモロコシを食べると
文句の方が先にでそうで嫌かな、と、

追伸、お目当ての男性は、下痢気味で午後から来れたら来る、と連絡があったそうです