FC2ブログ
プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
2020/01/16 初納品
塩原温泉へ

今年初の塩原納品に出かけましたが、真っ先にお寄りして適当にサボるつもりでいた
塩原の女さん(こちらの方もビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)のお店は
本日(木曜日)臨時休業で、ガクッ、それではと気を取り直して向かったとあるお取引先は
本日3時で閉店のお知らせ看板がゲートに下がっていました。

こんな日もあるよ、と心の中で思いながら、あそこなら大丈夫と出かけた先は「従業員慰安」のため
16日はお休みさせていただきます、とか、

まあ、せっかく来たんだからこうなったら「足湯」でも入って帰るかと、

                     IMG_2698_convert_20200116213612.jpg

どうぞ写真拡大でご覧ください。塩原温泉の古町というところにある足湯です。

出来ることなら足を入れて温まるというより体をしずめて温まりたい気分でした。
足湯は貸し切り状態でしたが、写真を1枚パチリと撮って直ぐその場を立ち去りました。


スポンサーサイト



今年初の農道カフェです
車の窓からの眺めは


IMG_2697_convert_20200113155709.jpg

車の窓越しに見えた、那須の山です。3連休の最終日の午後、町まで日用品の買い物に出かけました。
風もなく穏やかな、たそがれ前の一時(いっとき)、車をとある公園の駐車場に入れて、帰り道にある
いつも寄るコンビニで百円珈琲を買い、家から持って来た封のあいている煎餅を食いながら、

明日から、仕事だね、のんびりやればいいよ、在庫も作った方がいいだろう、暖かい日を選んでね、
外の方が家の中より暖かいぞ、今年は雪が少ないから、ビリーさんも外仕事が楽だね、午後は無理
だけどね・・・・・・・、

などと話していた時ですかね、公園に犬を(柴犬)連れた女性がこちらに向かってやって来ました。
色塗り作業員が助手席側のドアを開けて、外へ、

犬と女性が車の方へ、色塗り作業員が犬の方へ、

ハイ、そのあと何があったのか、色塗り作業員が急に走り出して車からドンドン離れて行き、そのあとを
犬と女性が追いかけるように、遊んでいるのかなと思いましたが、犬の力が強いのか一向に犬がとまる
様子もなく、女性はかなり慌てているようでしたが、

直ぐに駐車場から色塗り作業員、犬、女性の姿が見えなくなったのでそのうち車まで戻って来るだろうと、
目の前の那須山の景色を1人で眺めていました。それにしても今年は色塗り作業員はよく走ります



カピパラ
イグアナはパスですが

とあるお取引先に新年のご挨拶に伺ったのですが、売り場のスタッフさんから、どう、何か新作考えている、
とやんわり言われました。春休みまでには何か新しいものを作ろうとは思っていますが、いまの所は案が
思い浮かびませんが、とビリーさんが、

イグアナはどう、難しい、とスタッフさんが、イグアナですか、とビリーさんが、うううーん、まず無理だろう、と
思いましたが、色塗り作業員が絶対イヤと言うはずです。無理ならアナコンダ、でもいいけどね、

・・・・・・・、とビリーさんが、聞き間違いかと思いましたよ、竹細工でクネクネ曲がるように作れよ、と心の中で

そんなこんなでモンスター系のグッズはとても手に負えませんが、

           P1010718_convert_20200110222716.jpg

ヌボーっとした風貌のカピパラで手を打ちました




ブログ休息日 75
テンペ

ビリーさんちから徒歩で15分程のところに建築関係の仕事をしている外国人男性が2人、会社の
資材置き場兼寮?のようなところに住んでおります。

ビリーさんは彼らと直接口を聞いたことはありませんが顔だけは知っております。その彼らが、師匠と
ビリーさんちに出入りしている中学生男1女2に「テンペ」、「テンペ」と言いながら近づいて来て「テンペ}
なるものを食べろ、と手渡したそうです。

この時期は暗くなるのが早いので師匠が中学生男1女2を自宅まで徒歩で送り届けて行く時の出来事
です。

テンペを渡すときに外国人男性の1人がにこやかな顔つきでパワーアップと言ったそうですが、
受け取ってお礼を言って、数十メートルその資材置き場から離れた所から男1女2と一緒に師匠が
走ったそうですが、息切れして気持ちが悪くなったとかで、ビリーさんに迎えに来い、メールが
入りました。

そんなことになっているとはまったく考えもしなかったビリーさんは2階の仕事部屋でコタツに入り
かなり楽な体制で頭を「無」にして瞑想中だったのか、師匠からのメールにはまったく気づかずにいました。

玄関ドアが開く音がして師匠と中学生女子1とその母親が声高に〇〇さん、寝てるの、と
なんと失礼なメンバーかと心から思いましたよ。IMG_1192_convert_20180129223129.jpg
その声にぞう、としました。





1月6日 仕事始めは
クマの文具入れ その後

年末に色塗り作業員に下書きしてもらったグッズ名(めい)クマの文具入れのべた塗り(板の表面と脇を
1度ずつ塗ることです)を大晦日の紅白歌合戦も見ずに2階の仕事部屋でセッセと終わらせましたが、


           IMG_2688_convert_20200105140859.jpg

最初の写真のグッズが色塗りに入る前のクマの文具入れです。

年が明けてそろそろ色塗りを始めようと色塗り作業員が絵筆を持って、
ハイ、その時ですかね。ビリーさん、脇の〇△米□が甘いから、悪いけどもう一度お願いね、と色塗り
作業員が、顔は笑っているが、口調は強く、外はどんよりとしたグレー空、ときおり雪が舞っています。
べた塗りが終わったクマさんを持って、紙やすり片手に必死にクマの脇を平らになるまで磨きました。
いいかげん色も落ちてしまいましたが、

                   IMG_2693_convert_20200105140726.jpg

あられもないお姿のクマの文具入れをどうぞご覧ください。今年は独学で色塗りが上手くなるように
腕を磨いて・・・・・、色塗り作業員を
まあ、無理でしょうが。