FC2ブログ
プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
ミニバラの庭を
オリジナルグッズを持って、

那須納品の途中で納品を兼ねて那須の女さん(ビリーさんがそう呼んでいるだけですが)のお店まで満開の
ミニバラを見に行って来ました。

                     IMG_2354_convert_20190615161624.jpg

那須の女さんもかなり庭に気合が入っていますので、さすがにミニバラも綺麗に咲いていました。
頼まれていたお店のオリジナルグッズの納品を済ませると早速庭を案内してもらいましたが、ミニバラも
手入れ次第でここまで大きくなるのか、というぐらい大きく育っていました。

                   IMG_2352_convert_20190615161708.jpg

よろしければどうぞ写真拡大でご覧ください。ミニバラもこんもりと全体に咲くと地面に近いので庭が
明るくなりますね。



スポンサーサイト
大田原市 御亭山(こてやさん)へ
富士山は拝めませんでしたが

栃木県大田原市の淡水魚水族館なかがわ水遊園に行く途中で決められた納品時間までに少し時間の
余裕があったので、御亭山(こてやさん)に寄り道して登山道?の近くの駐車場に車を置いて山頂を目指し
ました。

                                                 IMG_2279_convert_20190613212956.jpg

こんな注意看板もありましたが、毎日マムシが散歩に出て来ることもないかと、

    IMG_2272_convert_20190613213200.jpg

急こう配の山道を歩いて、あっという間に御亭山(こてやさん)山頂に着きました。一人なので山頂で
万歳は省略して、御亭山(こてやさん)は標高512メートルです。

                 IMG_2275_convert_20190613213100.jpg

山頂からの眺望です。目の前に拡がるのは那須野が原の田園風景になります。この日は少し雲が厚く、


                           IMG_2273_convert_20190613212850.jpg

どうぞ写真拡大でご覧ください。山頂にある山名盤です。富士山の名前がわかりますでしょうか。納品前の
山登り???はさすがにキツイです。

付箋(ふせん)の新顔のお披露目
イヌと馬です

IMG_2336_convert_20190603115045.jpg

写真の猫の脇に並んでいる『馬くん』と『わんこ』のグッズが仕上がりました。
中学生女子に貰った付箋(ふせん)を参考にしてビリーさんちの定番商品の馬とイヌの顔で体の後ろに
木製ピンチ(洗濯ばさみ)をベタッと貼りつけてみました。

どうだ、どうだ、と早速中学生女子に馬とイヌを見せましたが、『馬』の手がおかしい(悪い方に)とかイヌの顔が
おじさん顔だとか色々勝手なことを言ってましたが、デザインはすべて師匠が1人で考えた、と言ったら、

どうりで可愛いと思った、馬の表情がいいよね、イヌの手がめちゃかわいい、と

どうぞ写真をご覧ください。中学生女子2人にはブタの顔でも作ってそれぞれにあげるつもりです。

                   IMG_2350_convert_20190610223237.jpg


ピラルクーのキーホルダー
またやられました

栃木県大田原市の淡水魚水族館なかがわ水遊園の7月からのイベントに合わせてピラルクー(世界最大級の
淡水魚)
のキーホルダーを今から少しずつ作ろうと、糸のこ作業に入る前に白木の材料に鉛筆でセッセと
下書きをしていました。

ハイ、その時ですかね。勝手口のドアが開いて色塗り作業員が顔を出しました。いつものように右手に家電の
子機を持ち、左手の親指を立てて、ビリーさんに塩原の女さん(この方のこともビリーさんが勝手にそう呼んで
いるだけですが
)からだという無言の合図を、色塗り作業員から直ぐに子機を受け取って、はい、もしもしと、

塩原の女さんと電話で話している時に、ふと外の作業テーブルを見ると色塗り作業員が鉛筆を手に顔を下に
向けてキーホルダー用の材料に書き込んでいるような、なんだ家に入らないのか、と思ったのですが、

電話が終わって色塗り作業員が子機を持って家の中に姿を消して、材料の板の下書きを見ると、
ハイ、またまたやられました。どうぞ写真拡大でじっくりご覧ください。ビリーさんの下書きと色塗り作業員の
下書きの違いがわかりますか。ビリーさんは緩め、色塗り作業員はきつきつです。

                    IMG_2340_convert_20190608212948.jpg

写真中央の右が色塗り作業員、左側がビリーさんの書いた下書きです。板の端ギリギリにまあ、よく書いたよ。
と(心の中で

約束事 ビリーさんに掛かって来た電話で色塗り作業員が親指を立てた時は塩原の女さん、小指を立てた
時は那須の女さんとあらかじめ決めてあります。
4匹の猫に囲まれて
ちょっと休憩のつもりでしたが

納品の途中でとあるお寺の広い駐車場の隅に車をとめて、こりもせずに車の窓を全開に駐車場の
前に拡がる川の対岸の景色を眺めていました。

目の前に見えるひな壇状の集落の間を曲がりくねった細い道がどこまでも続き、犬を連れた人の姿が
見え隠れしながら坂道を下りて来ました。わんこと散歩か、いいなあ、などとフト頭で考えて、

ハイ、その時ですかね。軽のワンボックスカーが駐車場に入ってきました。お寺に参拝の人かな、
と何げなく車を目で追っていたら、車が止まると同時に男性が降りて来て、直ぐに車の後ろに回り、
後部ドアを大きく開けました。

すると猫が車から飛び出して、黒っぽいのやら白いのやら、1、2、3、4匹も、そのうちの2匹がビリーさんの
車の方に近づいて、いまここで、ドアを開ければ直ぐ飛び乗ってきそうな、

食べ物はなにも持ってないぞ、と猫に話しかけて、いちばん器量のよさそうな猫をこれも何かの縁かと、
パチリと1枚撮りました。

               IMG_2344_convert_20190606174548.jpg

体つきからメスのような気もしますが、お寺の駐車場で何しているんですかね。

                                       IMG_2343_convert_20190606174639.jpg

腹がたぱたぱしている感じでした。車で突然やってきた初老の男性はしゃがんでじっと猫の様子を
見ていましたが、