プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
自由時間が・・・・・・・、
セッセと在庫を

ううううーん、今日から(4月17日)から5月6日までをビリーさんの不義理時間と呼ぶことにいたしました。
毎晩午後11時20分から就寝時間までは自由時間、フリータイム、お互いを干渉しない取り決めとなって
いますが、

ゴールデンウイークを前にしてワンコイングッズの定番商品の在庫があまりに心細い状態です。
こうなったら自由時間を返上して、色塗り仕事頑張らねば、と、そんなこんなで深夜便無断欠勤する
こともあるかも知れませんが、なるべく記事の更新がんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。IMG_0367_convert_20170502220645.jpg

スポンサーサイト
福島県西白河郡西郷村(にしごうむら)へ
西郷瀞(にしごうとろ)
瀞(とろ)とは河川の流れの中で水が深く流れのおだやかな所のことです。

県境を越えて福島県白河市まで材料の仕入れに行った帰りに少し寄り道をして西郷村(にしごうむら)の
西郷瀞(にしごうとろ)と呼ばれる夏場は涼を求めて大勢の人がやって来るという川辺へ、

西郷瀞(にしごうとろ)へ向かう途中のコンビニで珈琲を買い、静かなところでのんびりしながら飲むかと、
場所が決まらず、アラアラアラと車を走らせていたら、たまたま見かけた看板を頼りに、

ハイ、到着です。IMG_1314_convert_20180317163746.jpg

道は途中から未舗装の緩やかな下りで、川辺の手前の駐車スペースに車を入れて、遠目に
緩やかな川の流れを見ながら、のんびりできました。

                      IMG_1312_convert_20180317163657.jpg

どうぞどちらの写真も拡大でご覧ください。水が綺麗な静かな場所でした。

そうそう、ここから近い所に陸上自衛隊の演習地があります。日にちによっては大砲の音が聞こえて
来るかも知れませんよ。

山菜取りが・・・・・、
赤い色のティシューのお話です

花粉の量が非常に多い日の午前中でした。
ビリーさんちから少し離れた田んぼの畦(あぜ)を通って小さな雑木林の中をわさわさ歩いて、
1人のお年寄りがこちらに向かって近づいて来ました。

そのお年寄りの様子をビリーさんは外で糸のこ作業をしながらチラチラ見ていました。
その日も麦わら帽子をかぶり、粉じんよけメガネをかけ、鼻にティシューを突っ込み、マスクをして、
鼻にティシューはこの時期だけですが、いつもの定番外仕事スタイルでした。

ふきのとうが出ているかと思って来てみたが、だめだな、とお年寄りが、・・・・・・、(無言)ビリーさんが、
この辺は前にワラビ採りに来たことはあるんだ、とお年寄りが、そうですか、とビリーさんが、

お年寄りが道の反対側の側溝(そっこう)に座ろうとしゃがんで腰をおろそうとしたんですが、低すぎて
腰を屈めた瞬間そのまま後ろに倒れてしまいました、慌てて近くに駈け寄って大丈夫ですか、とお声掛けを、

面倒な婆さんだな、と思ったのですが、良かったらこっちに来てここに座ってくださいと、言いながら、
作業用の低い椅子を取りに行く時に後ろ向きになって、ビリーさんがテーブルの上に麦わら帽子と
メガネにマスクを外して置いて、

                                                       IMG_1311_convert_20180315221407.jpg

ハイ、その時ですかね。椅子を手に持ったままお年寄りの方に向き直おったら、
あんた、どうした、その顔、とお年寄りが、????、えっ、とビリーさんが、
血が出てるがな、とお年寄りが、そうだ、ティシュー、鼻に突っ込んだままだった、と、
どうぞ写真拡大でご覧ください。赤いティシューのほかに黒いティシューもあります。
とある訪問先で
薬を飲み忘れて

寒い日でした。2日前に降った雪がまだ北側の道路や住宅の屋根に残っていました。外仕事あきらめて
ひとり暮らし高齢者の女性宅にボランティア訪問です。

表通りから左右に田んぼが広がる細い道を走って、ハイ到着です。
車を訪問宅から少し離れた場所に止めて、ふと前方を見ると小柄な女性が住宅の玄関前にこちらに
背中を見せて立っていました。お客さんかな、と思いましたよ。

近づいていくと、その家の主(女性)でした。この寒いのに外で何をしているのだろうと、
おはようございます、とビリーさんが、・・・・・・・・、無言です。どうされました、とビリーさんが、
わたし家に入れないのです、と女性が、えっ、とビリーさんが、玄関の鍵がかかっていて、中に入れない
んです、わたし困っています、と女性が、

ちょっといいですか、とビリーさんが、確かに玄関戸は鍵がかかっていました。鍵はお持ちですか、
とビリーさんが、そんなものありません、と女性が、

ハイ、その3分後ですかね。ビリーさんが女性の了解をもらって勝手口のドアノブに手をかけるとドアが
開いていました。

イヤイヤイヤ、迷惑をかけたということでそのあと座敷に上がってお茶の接待を受けたのですが、
1日3回飲む薬を朝飲んで昼飲まないで、夜2回分飲んで寝たというんです。

そんな飲み方をしたら薬の効き目が強すぎて危険だと説明して帰って来ましたが、
血中濃度の話は説明してもよくわからないようでした。そのせいで夜寝れなかったのか、と女性は、

そんなこんなで本日の訪問ボランティアはこちらの女性宅のみでした




ウエイトリフティンググッズ
机の上に置いて

チアリーダーと間違われた「ウエイトリフティング」グッズ?が完成しました。
ビリーさんはこのウエイトリフティングの白木を黒一色で塗るつもりでした。遊び半分で糸のこで切り抜いて、
軽く磨いて黒で仕上げる、もちろんニスまで塗るつもりはありませんでしたが、

すっかりチアリーダー気分でいた色塗り作業員が色を決めて台まで付けました。
そしてこう言ったんです、辛い時はこれを見て、ぱーっと明るくなって、と、

                     IMG_1190_convert_20180123222322.jpg

ううううーん、それを言うなら落ち込んでいる時はこれを見て、力を貰おう、もうひと頑張りしよう、の方が
いいかと思うのですが、ブログに載せるならもう少し丁寧に材料を磨いておけばよかったかと反省しています。