プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
とあるお取引先で
場所を貰って・・・・、

春休みだというのに、明日は(日曜日)雪の予報です。

3連休が終わってとあるお取引先に商品の動きを見に行来ました。
いつものように通用口から店内に入って、忙しそうに動き回っているスタッフに遠くから「こんにちは」と
声掛けをして、スタスタとビリーさんちのグッズの棚に歩いて行きました。

すると、どうしたことか棚に商品が見当たりません。えっえっえっ、なんで、多分顔色が青ざめたかと、

ハイ、その時ですかね。スタッフの上の方がビリーさんの所に近寄って来て、あのね、場所変えたから、
あそこがいいかと思ったけど、通路が狭いのでお客さんが立ち止まらないみたいなのよ、
今度ここにしたから、このテーブル全部使っていいので、他に商品あったら持って来て、とスタッフの上の方が、

          IMG_0241_convert_20170325215519.jpg

新しい場所を見て、嬉しい、嬉しいを心の中で連発して、お礼を言いましたが、
ううううーん、場所を拡げて貰ったのは本当にうれしいのですが、直ぐには並べる商品が思いつきません。
取りあえず観光協会に行って、那須地域の観光マップでも貰って並べて置こうかと、スミマセン悪い冗談です

スポンサーサイト
もみじ谷大吊り橋遠望
普段は立ち入り禁止ですが

はなももの植樹ボランティアの時にとても古い低価格のデジカメをポケットに忍ばせて、
植樹作業の終わったあとで、普段は立ち入りが制限されている山の中腹から那須塩原市の
もみじ谷大吊り橋を写してみました。
       
       P1130333_convert_20170319232748.jpg

なにげない写真ですが、この位置からもみじ谷大吊り橋を見たのは初めてです。写真の左下に道路がちらっと
写っていますが、この道路は一般車両は入れません。普段は鉄のゲートががっちり閉まっております。
写真をアップして思うことは、ああ、もう少し写真の腕といいカメラがあれば、と悔やんでいます。


那須塩原市もみじ谷大吊橋で
植樹ボランティアに参加して

3月16日にスコップ持参で長靴はいて、那須塩原市のもみじ谷大吊橋を渡った対岸の植栽地で
はなももの苗木を3人1組で1回に10本植えるボランティアに参加して、セッセとスコップで深さ30センチ
ほどの穴を掘って、苗を植え、支柱をさして、結束バンドでとめて、ペットボトルから水を注ぐ、こんな
作業をこなして来ました。

当日は100名以上のボランティアが参加、誰もが必死に動いていました。

             P1130332_convert_20170316180025.jpg

ここからは当日の午後から翌日の午前中に起こったなんとも言えないお話になりますが、
心臓の弱い方は自己責任でお読みください。

植樹ボランティア必死に働いていましたが、3人1組でいたビリーさんのグループが現場でテレビの取材を
受けました。突然のことです。前ぶれ無しに、色々あって、ビリーさんのみがインタビューを?

これから5年、10年後にこの場所がはなももの群生地になり、塩原を訪れる人たちの目を楽しませ
やすらぎの場所になることを願って今日はボランティアに参加しました・・・・、などと。まあ、自分でも
よくそんな言葉が口からでたもんだと、思いましたよ、

その4時間後のことです。家に戻っても今日インタビューを受けたことは内緒にしていましたが、
もしかするとテレビに映るかもしれないよ、とだけ言って、

取材のあと、その場にいたボランティアの人達が「NHKの栃木ろくよんまる(6時40分からの番組です)」だと
言うので、

テレビを付けて、チャンネルを合わせて、6時30分からじっと見ていましたよ。7時前の天気予報が
終わって「はなももの植樹」のニュースが流れました。ドキドキしましたよ、ビリーさんと師匠が、
ハイ、結局ビリーさんのインタビュー場面は最後までみてもありませんでした。

クソ、あれはなんだったのよ、です。
イヤイヤイヤ、その翌日のことです。外仕事していたビリーさんの所にお隣の奥さんと娘さんが
やって来て、昨日テレビ見ましたよ、スゴイ、ビリーさんだって、ドキドキしちゃった、と、

スミマセン、NHKではなく、とちぎ放送の取材だったようです。ガクッ、
塩原もの語り館へ
つるし雛

3月7日に塩原もの語り館までビリーさんちの商品の動き(様子)を見に行って来ました。
自宅周辺は雪がパラパラしている程度でしたが、塩原は雪でした。

車を塩原もの語り館の駐車場に止め建物の中に入る玄関ホールにはつるし雛がいくつも飾られて、

                     IMG_0211_convert_20170308221625.jpg

これだけ雛のつるし飾りがあると「きれいだ、」と思わず歓声をあげたくなりますね。

IMG_0212_convert_20170308222000.jpg
どうぞ写真拡大でご覧ください。この時期ですから、商品の動きはたいしたことありませんでしたが、
つるし雛をゆっくり眺めて、心が癒されました。


2月末日の棚卸し
今年も同時刻同時棚卸しを乗り越えて

毎年2月の最終日は、取引先の年に1度の一斉棚卸しがあります。今回もまた同じ時刻からの
棚卸し開始でした。お店に出入りしている業者さんが東京やら新潟、宇都宮などから商品棚卸し
の為に集まります。

A店は5時から、B店も5時に棚卸し開始です。この2つのお店を行き来するには車で15分程かかります。
両方のお店をビリーさんが一人で担当します。

当日の動きはこうでした。
まずA店に4時45分に到着、直ぐにスタッフに挨拶をします。まだ時間が早いので受付して待機して
いてください、とA店のスタップの方が、わかりました、時間まで車に居ます、とビリーさんが、

車に戻り裏道を必死に走ってB店へ、こちらはすでにかなりの業者さんが待っていました。
どうも、どうも、で受付をして、まだお客さんが店内にいるので遅れるらしいよ、の情報を耳にして、
その場をそっと出て、車でA店へ、・・・・A店棚卸し終了で伝票提出、

運転姿勢がかなり前かがみでアクセル踏んで、ハイ、B店到着です。お店の通用口に向かう途中で
棚卸しを無事に終えた業者さんと大勢すれ違いました。B店も店内の照明が暗くなるまえに棚卸し
終りました。

そんなこんなで今年もなんとか、ただ事務所で記帳した入店時間と退出時間が少し気になります。
ビリーさんよりあとに来た業者さんの方が先に帰っている、というのがちょっと、マズイかと、P1010469_convert_20130131214337.jpg