FC2ブログ
プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
荒れ庭での会話 ②
なぞなぞ問題の「答え」です

昨日は穏やかな土曜日でした。朝からお昼の休憩を入れて、午後3時のインスタントコーヒー、ショート
お茶タイムまでセッセと白木の板を糸のこで切り抜いて、紙ヤスリでセッセと磨いて、久しぶりに定番
グッズの在庫作りに励んだ1日でした。

もしビリーさんとは同等付き合いの中学生女子がなぞなぞ問題の答えを出していたら、土曜日は
ケンタッキーでフライドチキンを喰って、サーティーワンでトリプルに挑戦して、お土産にミスドーでドーナツの
お土産をそれぞれに持たして・・・・・、こんな恐ろしい土曜日になるところでしたが、

ビリーさんが荒れ庭で師匠と中学生女子2の周りをぐるっと歩いてから、
なぞなぞ問題をだしたわけですが、
「秋には枯れ葉を落とし、春には花を咲かせる。川辺では川が水しぶきをあげて、竹林ではたくさんの
竹がおじぎをして迎えてくれる。」さて、これはなんでしょう?というなぞなぞ問題の答えですが、

難しすぎてるから、もう答えを言え、という中学生女子2に、答えは「」とビリーさんが、

 中学生女子2を玄関の外で見送りましたが、もうこれから先、ビリーさんに会うことは多分ないだろう?
と言いながら何度も後ろを振り返って機嫌????帰りました。

スポンサーサイト



荒れ庭での会話
なぞなぞで

コロナ禍で納品に出かける回数も減り、近場に遊びに行くこともなくなり、ブログ記事に書けるような
出来事もないと困っている時にビリーさんと同等付き合いの4月から無事高校に通うことになった
中学生女子が野菜などを持って遊びに来ました。

ちょうど師匠も荒れ庭で庭木の剪定をしていたところで、どうだこれからなぞなぞ問題を出すから見事に
答えがわかったら、ケンタッキーでチキン?でも喰って、その足でサーティーワンでトリプル?に挑戦して、
まだビリーさんのサイフの中にお金が残っていたらミスドーで1人3個までドーナツ食べるというのはどうだ、
とビリーさんが提案しました。

中学生女子はあまりの嬉しさに庭でやっと花芽?が出てきたムスカリを踏みつけたのも気が付かずに
おかしな動作で踊り?を、もし答えが間違ったら、ビリーさんちの白木のグッズを各自50個ずつ紙やすりで
磨く、という条件を、

問題です。
ビリーさんは荒れ庭で師匠、中学生女子2のまわりを歩いたあとこんな問題をだしました
「秋には枯れ葉を落とし、春には花を咲かせる。川辺では川が水しぶきをあげて、
竹林ではたくさんの竹がおじぎをして迎えてくれる。さあ、これは何でしょう?」

ペーパーウェイト
だめよ、だめだめ、と

ビリーさんちの2階の仕事部屋のテーブルに、滅多に使わないペーパーウェイトがあります。
それがこれですが、

                        IMG_3493_convert_20210313214932.jpg

写真ではひと昔まえの灰皿のように見えるかもしれませんが、上から写すとこんな感じに
なります。

                   IMG_3491_convert_20210313214509.jpg

遥か昔に?イギリスのお土産だと前の仕事の時の後輩から貰った品です。貰った時に、けっこう高かった
んですよ、と言われたのでいまだに捨てずに使っていました。ガラスの底の部分にイングリッシュガーデンの
写真が貼ってありました。いまは見る影もない薄汚れた写真に、

このペーパーウェイトをビリーさんちに出入りしている中学生女子が欲しい、と、
話を聴いたらこの薄汚れた写真を取り出して、アイドルの写真に換えるとか、
そこでビリーさんは考えました。色々悩んでビリーさんもイングリッシュガーデンの写真から昔、気に入った
写真をポストカードにしたのを思い出して、こんな写真をペーパーウェイトの底に丸く切り抜いて、
貼ってみました。

             IMG_3489_convert_20210313214824.jpg

3枚目の写真はチベットタンカ(仏画)の養生方法の図の中に描かれている密教の主要五仏です。
これを見た中学生女子は「だめよ、だめだめ」と、恐ろしいような叫びを、

イギリス製のペーパーウェイトを東洋風にアレンジしてみました。

本人たちが働き?たいというので
色塗りのお手伝いを

師匠の言うことには絶対服従、ビリーさんからの命令的なことには猛反発する中学生女子がビリーさんちの
グッズを貰った???お礼に頭を使わず直ぐにできる作業を手伝いたいというので、

誰でもできる簡単な色塗り作業をやってもらうことにしました。とはいえ、なんでもかんでも白木の材料に色を
塗るわけにもいかないから、グッズ名(めい)プランターステック&しおりを中学生女子の前に並べて、これに
色を塗ってと、

但し、これはお客さんに無料で配るイベントグッズだから、どちらかといえば年配のお客さん、
君たちのお母さん世代が好みそうな色を自分で選んで塗って、とビリーさんが、
任せなよ、と中学生女子が、どうぞ写真をご覧ください。この色の選び方を、

            IMG_3447_convert_20210129171123.jpg

そこへまったく事情を知らない色塗り作業員がやって来ましたが、
可愛い色だね、妹さんたちへのプレゼント、と色塗り作業員が、

ビリーさんとの約束では白木のプランターステック&しおりを1人75本ずつ塗って義理を?少しでも
返す約束でしたが、たぶん2人で40本は塗らなかったと思います。


仕事部屋の鉛筆立て
鉛筆が入ればいいの・・・・・、

ビリーさんの言うことはまったくきかない、ビリーさんとは同等付き合いの中学生女子2名が
用事もないのにやって来て、突然ペン立てを見たいと、ブログに写真を載せたグッズ名(めい)
ビーハウスのことです。

可愛くて使いやすそうならいるかもしれない、と中学生女子が、いるかもしれないとは、買うということか
とビリーさんが、

ハイ、その時ですかね。よくそんな明るい笑顔ができるな、というぐらいの表情で、
ビリーさん、あたしたちの気持ち、わかっているよね、と中学生女子が言いました。
嫌な予感がしましたが、

そのあとビリーさんと中学生女子の間で〇米△□〇と会話が続きました、
ビリーさんが俺なんかどんなペン立て使っていると思っているんだ、と説明。
これだよ、これ、と、

                      IMG_3443_convert_20210124152556.jpg

ペン立てを見せましたが、自分で描いたのと言われました。

                    
                        IMG_3444_convert_20210124152727.jpg

これは貴重なものだよ、とビリーさんが、それにはまったく無反応の中学生女子2が帰ったあとは
1階の商品棚のビーハウス(ペン立て)はポツンと1軒家になりました。〇匠に怒られそうです。