プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
クリスマスグッズのその後
P1020221_convert_20140925211450.jpg
クリスマスくつ下のその後

今年も本気でクリスマスグッズの製作を急がなくてはいけない時期に突入しましたが、
これまでは作れば必ず売れた。グッズ名「クリスマスくつ下}という商品があります。
クリスマスくつ下は大きさはそれほどではありませんが、色数と付属品が多く、細かい
ものですから色塗り補助のビリーさんの出番が殆どありません。

2年前に色塗り作業員のマル秘ノートをブログに載せました。なかなか真似ができないぐらい
面倒なグッズです。ノートに鉛筆書きで見づらいと思いますがどうぞ写真拡大でご覧ください。

今年はこのクリスマスくつ下グッズを何が何でも10個は作ろうと決意しました。スミマセン、
これはあくまでもビリーさんの目標です。

スポンサーサイト
2015 クリスマスグッズ①
ハートサンタです

まだ8月だというのに今年は例年より約20日ほど早く「クリスマスグッズ」の製作に入りました。
目標では今年こそ春から毎月クリスマスグッズを1種類ずつ完成させる、という心構えでいたわ
けですが、それが守られたのはほんの数か月で、あらあらあらと気が付いたら8月ももう終わろ
うとしていました。

この忙しい時期にサンタさんを糸のこで切り抜いて色を塗ってあと一歩で写真のハートサンタを
仕上げることが出来る、ということは、今年の夏がそれほど忙しくはなかったのかと複雑な思いですが、
   P1120372_convert_20150828210641.jpg

このハートサンタは新製品ではありません。形も斬新とは言えませんが、シンプルなところが
気にいっています。
いざ飾ってみるとほのぼのとした落ち着きがあるかと、完成したらぜひもう一度見てやってください。


11月のクリスマスグッズ
まだまだ途中ですが

もう何度もブログの中で途中経過を記事にしている「クリスマスくつ下」ですが、ビリーさんがイベント
出稼ぎに行ってる間に色塗り作業員が10分、20分と他の定番商品の色塗り仕事の合い間をみては
なんとか今月中に「クリスマスくつ下」を完成させようとがんばっていたようです。

P1020273_convert_20141120213844.jpg

どうぞ写真拡大でご覧ください。写真のくつ下はあとはつま先部分を仕上げるのみで、小さなモミの木やら
☆やらハートなどをこの模様の中に張り付けていきます。

完成したクリスマスくつ下は来年の10月から売る予定です。なにしろ地域がら紅葉が終わると
観光客のみなさんがグッと少なくなってしまうもんですから、これから来年の夏まで毎月クリスマス
商品を1種類ずつ完成させて来年の秋に一気に売ろう、などと考えています。

ただビリーさんとはクサレエン?の那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)の
お店にはこのクリスマスくつ下が完成したら買え、買え、と売り込むつもりではおりますが、

この連休に間に合わないんならいらない、と言われそうで怖いです。




色塗り作業員の意地で
P1020250_convert_20141021114622.jpg

クリスマスくつ下のパーツですが

前にも書きましたが今年はどうしても八月からクリスマスグッズを毎月1種類ずつ完成させる、という
上司命令(ビリーさんの上役は師匠ですが)がありまして、先月まではそれをなんとか達成?したわけ
ですが、今月はどうしても「クリスマスくつ下」グッズを仕上げようとがんばっている色塗り作業員です。

どうぞ写真拡大でご覧ください。クリスマスくつ下を完成させるためにビリーさんが協力できるのは
ここまでです。この先は色塗り作業員のお仕事になります。

写真左下に写っているのがくつ下の本体になります。小さなモミの木やハート、星はくつ下の本体に
貼りつけ、大きな星はくつ下にぶる下げます。

この後の色塗り作業はくつ下の本体に細かい模様を描いてこれも以前記事に書きましたが
サンタさんが空の上から地上を見ているイメージに仕上げます。ここからが時間のかかる仕事になります。

紅葉シーズン突入で昨日も今日も多分明日もワンコイングッズを1個でも多く完成させなければいけない
時に、作っても売り先があまりないクリスマスグッズを今月も完成させてブログの中でお披露目できるのか、
ううう~ん、微妙です。

ちなみにいまは10月21日の午後11時03分になりますが、我が家の様子はわんこは歯ぎしりしながら
ビリーさんの脇で爆睡、色塗り作業員は少し前の芸術新潮の特集記事古事記を読んでいるふりをして
いるようですが昼間の疲れもあるのでしょう、完全に寝ています。これって、



クリスマスくつ下
解読不明の・・・グッズ?

今年はいつになくクリスマスグッズに力を入れているような気がする色塗り作業員ですが、
数日前から午後11時を過ぎると就寝までのわずかな?時間を利用してクリスマスグッズの
制作に励んでおります。

ビリーさんは記事の更新日には午後の11時20分で色塗り作業をやめてパソコンに向かうわけ
ですが、師匠は古いノートを取り出してクリスマスグッズを、

いまは(今日は)グッズ名(めい)クリスマスくつ下をセッセと、どうぞ鉛筆書きで見づらいかと思い
ますが写真拡大でご覧ください。

わかりづらいかと思いますが、ノートの右側の見取り図のようなものがクリスマスくつ下の
完成予定図です。ノート左側の文字と数字はどこにどの絵の具を塗るかという4ケタの絵の具番号と
色塗り位置を書き記してあります。

これはだいぶ古いノートで以前はこのような表記方法を使ってグッズ1つ1つの色番号を決めて
いたんです。

P1020221_convert_20140925211450.jpg
まあ、ビリーさんが言うのもなんですが上司?だけあって几帳面な方です。
少し前の記事の中で書きましたがこのクリスマスくつ下はサンタさんがトナカイに乗って空から
地上を見ているイメージで作るとか、完成予定は・・・わかりません
(スミマセン)ビリーさんのべた塗り
まではすでに終わっています。