FC2ブログ
プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
2020/ハロウィン 魔女
魔女の顔

毎年ハロウィングッズを作るのを楽しみにしていますが、今年はコロナ禍でハロウィン、ハロウィンとも
言いずらいかと、グッズの製作も力が入りませんでした。

そんな中でまったく売る気はないけど、魔女グッズだけは今年も作ろうとグッズ名(めい)「3人の魔女」を
完成させました。ビリーさんが糸のこで白木の板を3枚切り抜き、紙ヤスリでセッセと磨き、色塗り作業員が
板に鉛筆で下書きしたものをビリーさんがベタ塗り(材料の板の表面と脇を1回ずつ色塗りします)して、色塗り
作業員が仕上げまで担当、2日前に完成しました。

魔女の顔がお世辞にも可愛いとは言えないので、買う人はいないだろうと、

             IMG_3224_convert_20201024222449.jpg

写真の魔女は3人のうちでは一番美人かと思い、取りあえずパチリと写真に撮りました。
3人の魔女のお披露目は来年になるとおもいますが、糸のこで切り抜いた3枚のうち完成させたのは
2枚だけです。そのうちの1枚は見本として手元に置き、あとの1枚は強引に那須の女さん(ビリーさんが
勝手にそう呼んでいるだけですが
)に売りつけました。
不思議なことに本人は3人の魔女を気に入っているようです。

スポンサーサイト



2020/ 魔女
3人の魔女

24日の木曜日です。栃木県北の天気予報が見事に外れました。
前日の予報では台風と秋雨前線の影響で雨とのことでした。
1日家に居て午後からは色塗り仕事頑張ろうと思いました。

ハイ、24日は朝から夕方まで雨らしい雨は降りませんでした。

ヤマザキの6枚切り食パンとティーパックの紅茶のランチタイムが終わり、2階の仕事部屋で色塗り作業を
始めました、色塗り作業員もビリーさんの対面に座り、絵筆を持つと今年の魔女の新作の試作品作りにやる気
満々のようすです。色が細かそうだから無理しないで合い間仕事でいいから、とビリーさんが、

ビリーさんはワンコイングッズのべた塗りを(白木の板の表面と脇を1回ずつ塗ることです)1つ、塗っては
テーブルの隅に置き、2つめを塗ったような気がしましたが、

うううーん、いつの間に目をあけていなくてもいい世界に入っていたようです。


                IMG_3180_convert_20200924212412.jpg

ビリーさんが色塗りを始めたときはまだ色が塗ってない白木の板でしたが、
ふと、目をあけるともう魔女が3人いるような、

ビリーさんが目を閉じていたのはほんの数分のような気がしますが、色塗り作業員の仕事が速いだけですかね

ハロウィン魔女
今年も魔女を窓に貼って

4連休は納品にも出ずにせっせと荒れ庭の草むしりをしていましたが、そろそろ魔女を出したら、のお声を
いただいて今年も去年作った魔女を1階の居間のようなところの窓にペタンとセロテープで貼ってみました。


               IMG_3174_convert_20200922174327.jpg

この魔女はビリーさんが薄い板を糸のこで切り抜いて材料の表面と脇を2回ずつ塗り仕上げたものです。
売り物ではありません。遊び心で切り抜いて色を塗っただけです。

魔女の右人差し指がポイントですが、元の絵では魔女の帽子の先にぶる下がっていたのは「蜘蛛」でした。
とっても細かくて自己判断で「星」に変更しました。

だれも気が付かないだろうと思っていましたがビリーさんちに出入りしている中学生女子がなんでこんな
ところに星、イメージワル、と言っていたそうです。

ついでに言いますと小学生男子が、魔女が手裏剣投げるの、と、左手の指のことですかね。
ビリーさんはこの魔女を気に入っていますが、10代の若者たちにはいまひとつのようです。
2020 /10/ ハロウィングッズの予定?
魔女の大釜

ここ3年、毎年ハロウィンに合わせて魔女を作ってきました。
定番の魔女がほうきに乗って空を飛んでいる姿の商品です。今年は思い切って複数の魔女が
夜な夜な地上の森の中で大きな鍋を囲んで薬草作りに励んでいる、そんなイメージの作品を
考えてみました。

まだ大鍋部分しかお見せできませんが、


                  IMG_3169_convert_20200914171101.jpg

こんな感じになります。デザインはあがってきましたが、魔女の顔がビリーさんが想像していたより
数段「怖い」表情でした。こんな怖い顔の魔女の作品を必死に
作って、誰が買うの、

頼みのお店は「塩原の女さん」&「那須の女さん」しかありません。
3人の魔女が大鍋で何を煮込んでいるのかわかりませんが、この作品はボツ、にするか
家で飾るしかないかもしれません。
ハロウィングッズ ②
窓に魔女とコウモリを飛ばして

ビリーさんちの西側の薄汚れた窓に魔女とコウモリをベタベタと薄い板の裏にセロテープで
くっつけてみました。ガラスに光があたって見ずらい写真になってしまいましたが、


        IMG_2533_convert_20190923213929.jpg

写真左の大きい魔女が一昨年に作った魔女です。右側にあるのが去年の魔女です。
一昨年の魔女は材料の切り抜きも色塗りも細かくて完成までがとても大変でした。

                                            IMG_2534_convert_20190923214035.jpg

2枚目の写真が今年の魔女です。それぞれ左側のガラス窓と右側のガラス窓に魔女を飛ばしましたが、
両方のガラス窓を重ねると3枚目の写真のようになります。


                  IMG_2535_convert_20190923214129.jpg

光が反射して本当に見苦しい写真ですが、この魔女たちを見てはおしゃれなカフェに行ってゆっくりするのも
いいけど、ここで(自宅で)インスタント珈琲を飲みながらしけた煎餅でも食べて、のんびりするのも癒される
と自己満足しているところです(スミマセン