プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
大田原市須賀川のそば祭り
木造校舎の教室で

6日の日曜日に栃木県大田原市の「須賀川そば祭り」に行きました。
そば祭りの会場は今は廃校となっている木造校舎の小学校です。P1010874_convert_20131211181707.jpg

まずは体育館で食券を購入して師匠の足より細い大根1本無料で貰って新茶の試飲を楽しんで
つきたてのあんころ餅でも食べようと歩き出したところにビリーさんとは同じブログ集団に所属する
大田原市のゆるキャラ与一くんと遭遇、P1120532_convert_20151206160501.jpg

追い払おうと思ったんですが、ビリーさんのところでも木製与一くんを大田原市の道の駅で売らして貰って
いるもんですから、おおおーい、与一くん、とパチリと1枚撮ってみました。

スポンサーサイト
大田原屋台まつり
屋台まつりに

土曜日に大田原市黒羽まで納品に出かけた帰りに大田原の屋台まつりを見て来ました。
18日(土曜日)が宵まつり、19日(日曜日)が本まつりです。

ビリーさんが屋台まつりの会場に着いたのが午後の6時05分、九台の屋台が一か所に
勢ぞろいするのが午後7時00分です。さて、それまでどうするか、ううう~ん、煙草の匂いの
キツイ喫茶店(カフェではありません)を探して人間ウオッチングでもするか、と思ったんですが、
屋台まつりの会場の近くに図書館があることを知り、まずは寸時を惜しんで図書館で読書・・・・・・・を、

ハイ、図書館のソファに座り、心地よい室内温度に気が付いたら深く頭を垂れて瞑想を、
イビキはかかなかったと思うんですが、うるさいな、ちんどん屋か、とハッとして目が覚めたら、P1120115_convert_20150418225849.jpg

外はもうすっかり暗くなって、どうぞ写真拡大でご覧ください。普通のデジカメで屋台をパチリと撮りましたが、
お囃子の音が心地よく伝わって来ました。P1120119_convert_20150418230011.jpg



与一くんと遭遇?
ゆづかみ天狗王国祭りで

土曜日になかがわ水遊園までビリーさんちの木製なかっぴーグッズの様子を見に行ったところ
広い駐車場スペースは満車状態、水遊園の正面の敷地はカラフルなテントなどがどどっと、
人もどどっと、

この日は師匠も一緒だったので売り場の商品補充を済ませてから、あの賑わいはなんだろう、ということで
イベント会場まで歩いて行ってみました。

すると会場の一角に後ろ姿に見覚えのあるゆるキャラが、P1020225_convert_20140927141518.jpg

大田原の与一くんでした。与一くんの周りには大勢の人垣ができて、まあ。与一くんもリズムに乗って
軽やかに踊っています。

なんだ今日はてっきり福島県の白河か、と思いましたがこんな近くで会えるとは、
俺だ、ビリーさんだ、と合間を見て話しかけようかと機会を伺っていたんですが、次から次へと
与一くんと一緒に写真を撮りたいファンがあとからあとから続いて、断念しました。P1020224_convert_20140927141354.jpg

今日の写真はイベント会場で大勢の見物人に囲まれている与一くんの勇姿です。
写真拡大で超人気者の与一くんの雰囲気伝わりますか。本日は与一くんのヨイショ記事でした。

大宿街道(だいじゅくかいどう)大田原市黒羽
花見の弁当は

ビリーさんちから少し離れた集落の農家のご家族から花見に行こう、と誘われビリーさんと同等付き合いの
小学生男女の頼みもあって大田原黒羽地区の黒羽城址公園の近くまで出かけて行きました。

当日は軽トラ1台と見るからに価格の高そうな車1台で、お弁当は家で作る風習?とかでお任せしたんですが、
おかずの候補?ビリーさんは何が好きか、前日までに考えておいて、と連絡をいただいたので厚かましいか
とは思いましたが師匠にはもし○△□米さんから電話が来たら、まあ贅沢は言わないけど、

お寿司、鉄火巻き、鳥のから揚げ、卵焼きが好きで、間違っても山菜はパスと言ってくれ、と頼んで
ビリーさんはサッサと納品に出掛けましたが、

ハイ、桜の花をながめながら場所も良し、時刻もいい、雰囲気も乗って来ました。弁当を広げましたよ、
ううん????その中味は・・・、華やか豪華ではありますが、まず真っ先に目が行った薄黄色いものは、
カズノコかと思ったら自家製たくあん漬け、菜の花のあえ物、卵焼き、たけのことふきの煮物、さといもの
煮っ転がし、などなど、

宴もたけなわとなりまして、おじいちゃんが言いました、ビリーさんが山菜や旬のものが好きだと師匠さんから
聞いてよ、どうだいうちの煮物の味付けは、どれも美味しいです、味付けもすごくいいです、とビリーさんが、

P1020030_convert_20140415182149.jpg
そうかいね、とじいちゃんが、その時ですかね、子供たちが美味しそうにヨモギ餅を食べていました。
おれにもよこせ、とビリーさんが、2つ取って1つは師匠に、本当は2個同時に両手で口に入れようと思った
んですが、

ビリーさんの家の前のヨモギで作ったのよ、その草餅、とお嫁さんがにこやかに、
その言葉と同時に師匠とビリーさんが手にしていたヨモギ餅をパッと小皿の上に慌てて置きました、
ビリーさんちの道路を挟んだ前の敷地のヨモギ、多分うちのわんこのシーシーの・・・・、


美術散歩イン黒羽
ぶらり ぶらり

あじさい祭りで賑わう黒羽のお取引先に出かけた帰りに「大田原市街かど美術館」の会場を1か所覗いて来ました。

P1010658_convert_20130708213736.jpg

猪俣邸(いのまたてい)です。このお屋敷の前は仕事がらみでは週に1度は車で通りますが、
中に入ったことはありませんでした。

今日は写真上のような立派な玄関口から上がって直ぐの応接間の前で記帳して各お部屋の絵画やら
彫刻、書画などを見てまわりました。P1010657_convert_20130708214358.jpg

もちろんどれも素敵に個性あふれた作品でしたがビリーさんが一番驚いたのは
この猪俣邸の一番奥座敷?とでも言うんでしょうか、そこからみた外の景色の素晴らしさでした。
ズバリこれほど贅沢な自然の景観は羨ましいをはるかに超えた光景でした。
那珂川(なかがわ)から渡って来る風の心地よさ・・・・は贅沢の極みです。P1010655_convert_20130708214148.jpg

デジカメ、プラス腕の悪さでこの程度の写真しか撮れませんでしたが、どうぞ写真拡大でご覧
ください。


追記 本当はこのアングルで撮るのが精一杯だったんです。この構図の両サイドにブルーシートが
あったので・・・これが実に残念でした。それさえなければと、よそ様のお屋敷を見学させていただいて
勝手なこと言って申し訳ありません。