プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
那須の山にはまだ雪が
気持ちだけは春ですが

金曜日の那須納品が予定よりだいぶ早く終わったので3月1日からリニューアルオープンした
園芸店に行ってみました。

広い敷地に所狭しと花苗が並んでいました。いやーあ、パッと見てあれも欲しいこれも買おうか
でしたが、まだ室内に取り込まないとあっという間に花枯れしそうな繊細な花も多く、

ううううーん、と考えてお彼岸まではあきらめました。そのせいですかね、写真を1枚撮ったのですが、
雪が舞い、寒さに指が震えた?のか見事にピンボケでした。とくに花苗のプライスカードは金額も
はっきり写っていません。

IMG_0210_convert_20170303214302.jpg

もう少し暖かくなったら都忘れのピンク探します。
スポンサーサイト
久しぶりの朝納品に
那須の女さんコレクション?

3連休の初日、土曜日に久しぶりに午前中納品に出かけました。あいにくの雨でしたが
車の渋滞もなくスムーズにとあるお取引先まで行くことができました。2日連続の那須納品でしたので、
さっさと仕事を終わらせてどこぞのカフェで30分ほどのんびりしようと思いましたが、

そうだ、那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけのお方ですが)がここ数日
体調が悪いと聞いたのでちょっと寄ってみるかと、

最後の納品先から車で15分程家とは逆方向に走って、
ハイ、到着です。まだ開店時間前ということもあり先客はいませんでした。店に入って朝の挨拶も交わす間もなく
ちょっと、ちょっとこれ見て、と手洗いに誘導されました。

                  P1130191_convert_20161008140844.jpg
 
どうぞ写真拡大でご覧ください。魔女グッズはアメリカ製ですが、星条旗風のハートが3つ、那須の女さんの
作品です。スゴイね、とビリーさんが褒めました(お店に出入りの業者なので)これも見て、と那須の女さんが、

                              P1130195_convert_20161008141036.jpg

ビリーさんがあげた矢印の板にご自分で彩色してニワトリとハートを描いたものです。
どう、いいでしょう、と、素晴らしい、とビリーさんが(大事なお取引先ですから)ぜひ写真拡大でご覧ください。

3枚目の写真は店内に飾ってあったものを写してみました。P1130197_convert_20161008141159.jpg
もうここまでくるとコメントもありません。本日は那須の女さんの作品コレクションの紹介でした。

那須塩原市 明治の森・黒磯で
ひまわりの種の持ち帰りは、、、、、

本日、仕事上の上司からビリーさんへの命令事項がでました。

那須納品に行ったら必ず道の駅「『明治の森・黒磯』に寄ってハンナ・ガーデンのひまわり畑から
「ひまわりの種を16粒以上とって来て」と言われました。どうぞ写真拡大でご覧ください。


            P1130145_convert_20160905231349.jpg

こんな建物の近くの駐車場に車を止めて軽い気持ちでひまわり畑まで歩き出したんですが、
午後の3時を少し回った頃でしたが、帽子も無く、髪の毛も薄すぎて頭が熱い、体も暑いのなんのって、
ワイシャツもあっという間に汗でびっしょ、このあと那須のホテルに行くことになっているので、
どうしょう、と思ったぐらいです。スミマセン、ホテルには納品に行くだけですから、深い意味はありません。

イヤイヤイヤ、そのときですかね。小さなかごを背負ったお婆さまがお二人、木陰で休んでいるのを発見、
そばに行って、かごの中を何気なく覗いて、ひまわりの種らしきものがギッシリ、

その5分後ですかね。お二人に褒め言葉を連発して親睦を深めた結果、ビリーさんの手のひらには
しっかりとひまわりの種が握られておりました。

9月10日まで咲き終わったひまわりの種お持ち帰り自由です。場所は那須塩原市の道の駅
明治の森・黒磯のハンナガーデンです。


大日向(おおひなた)マルシェ
大日向(おおひなた)マルシェへ

栃木県那須町の大日向(おおひなた)マルシェに行ってみました。
7月23日の土曜日です。無農薬野菜、手づくり石鹸、国産ハチミツ、自家製パン、ハーブの
お店などで賑わっていました。

                     P1130005_convert_20160723234204.jpg

まあー、同伴者が師匠ですから欲しいモノは買わない、必要なものしか買わない、それはそれで
正解のひとつかもしれませんが、そこはほれ、ご自分も手づくり木のグッズで生計を立てているわけ
ですから、ここは少し財布のひもを緩めていただきたいのですが、

会場に着いた時にちょうど人形劇が始まっておりました。

                     P1130001_convert_20160723233943.jpg

ビリーさんがその様子を写真に撮ろうと控えめに?最前列近くに進んで、P1130004_convert_20160723234056.jpg
どちらかというと繊細な感じで人形に語りかけて、見ている方も・・・・、

人形劇をしばらく見て、少し離れた所にいた山羊を手でこねこねして、師匠はそれでもう満足?
なにも買わずに帰ってもいい気分に見えたので、おいおい、せっかく来たんだからとビリーさんが
呼び止めて、

もし那須の女(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)さんも誘ってマルシェに来ていたら、
間違いなくこのマルシェ会場は運動会並の雄たけびの嵐が吹き荒れて一層この場は景気づくかと、
本日の同伴者が師匠でよかったかと
どうぞ写真拡大でご覧ください。那須町の大日向マルシェのようすです。
蓮の花を見るには
お寺さんの駐車場で・・・、

3連休の最終日にどうしても1か所だけ納品に行くことになったんですが連絡をくれたお店のスタップさん
からお昼頃に来て、と言われたのに約束の時間よりだいぶ早くお店に着きそうなので、とあるお寺さんに
寄ってからお店に行くことにしました。駐車場に車を入れて窓全開にして、15分ぐらいボーっとしていました。

               P1120985_convert_20160718174336.jpg

そのうちどうにも暑くなって外に出た方がいくらかでも涼しいかと山門に続く石段の途中に腰をおろして
一休みしていたら初老の女性が正面から、

このまま座っているのもまずいかとビリーさんが立ち上がると帽子を深くかぶったスカート姿のその女性が、

大丈夫、と声を掛けてきて、はい、とビリーさんが言ったんですが、とっさに何が大丈夫なのかわかりません
でしたが、その女性は石段を慣れた足取りでのぼり切って直ぐに姿が見えなくなりました。

その10分後ですかね。ビリーさんに声を掛けてきた初老の女性が髪の短いごっつい感じの
男性と一緒に現れました。そして山門を背にしながら〇米△・・・・とビリーさんに、

どうぞ蓮の花の写真を拡大でご覧ください。このあと帰宅途中に場所もよくわからない初めて
通った道で偶然蓮の花を見ました。

                P1120994_convert_20160718174653.jpg

納品時間には遅れましたが、本日は蓮の花の教えを身をもって体験したような、