FC2ブログ
プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
秋の新商品 
カバですが



                 IMG_1876_convert_20181016180242.jpg

この紅葉シーズンに定番商品の在庫を作らないで新作の「カバ」を作る理由ですが、
実はこの白木の「カバ」随分前にキーホルダーとして試作品を作りましたが、ボツになったままで、
今では試作品がどこへいったのか行方不明状態です。

東京上野の動物園に紛れ込んでいることはないと思いますが、

ここ数日必死に外で糸のこ作業がんばって、紙ヤスリで磨いてべた塗り(白木の材料の表と脇を
1回ずつ塗ることです)をやっているのですが、それにも増して色塗り作業員の作品完成のスピードが
速く、べた塗りまで終わっているグッズがついに底をつきました、ガクッ、

そこで考えましたよ、このカバだけど、体の色を三種類考えて、とビリーさんが、
急いでいるの、と色塗り作業員が、ぜんぜん、ゆっくりでいいけど、まずカバを優先して、とビリーさんが、
わかった、と色塗り作業員が、

こんな感じで時間を稼いで明日も糸のこで白木の板を切り抜きます
スポンサーサイト
来年の干支 ②
イノシシのキーホルダーが完成しました

紅葉シーズンのお取引先でのイベント出店用グッズです。来年の干支のイノシシのキーホルダーが
完成しました。

                    IMG_1873_convert_20181014210844.jpg

写真が少々見づらいですが、体の色を3種類用意しました。
これからキーホルダー用の金具(金色)を取り付けます。

キーホルダーとは別にイノシシのサイズを大きくしてフックを付けたグッズも考えています。
干支用のキーホルダーを制作するのは初めての試みです。ちょっと心配ではありますが


猫のキーホルダー
猫ですが、新入りです

猫ですが、まだ名前が付いていません。キーホルダーにするつもりで顔だけ描いてみました。
見本が出来たところで家に出入りしている中学生女子にどうだ、可愛いか、と聞いてみましたが、
べつに、普通の猫じゃん、というお愛想のない返事が返ってきました。

普通じゃないだろう、とビリーさんが(心の中で)、うううーん、あまり数多く糸のこで切り抜いてはまずいか、
と一瞬気が落ち込みましたが、

そんな意見を聞いた翌日です。今度は小学生男子の母親に、これどう思います。可愛くないですか、
とビリーさんが、どうぞ写真拡大でご覧ください。


                  IMG_1797_convert_20180912213748.jpg

可愛い、どこで買ったんですか、私にくれるの、と母親が言いました、
〇米△□、と説明したんですが、よくわかっていないようでした。

とぼけた顔の猫のキーホルダーを作りました
ハロウィン 魔女
今年も魔女を窓に貼り付けて

在庫作りの合間をみて今年も「魔女」を作ってみました。IMG_1791_convert_20180904150803.jpg

写真下の魔女は昨年作った年上の魔女です。上の方にいるのが今年の魔女です。
1階の窓に魔女の後ろ側にセロテープをくっつけてガラス窓の内側からペタっと貼り付けました。
2つ並べると今年の魔女の方がいかにも箒に乗って飛んでいるように見えるかと思います。、色塗りも
今年の魔女は楽でした。

2枚目の写真はどうぞ写真拡大でご覧ください。IMG_1793_convert_20180904150902.jpg

居間のドアに飛ばしてみました。
もう少しで色塗り作業員が顔つきの魔女を完成させてくれると思います。
八月のサンタ
サンタのべた塗り

毎年9月中旬から準備を始めるクリスマス用商品ですが、今年はお盆過ぎからコツコツと
糸のこで小さなサンタを切り抜いて紙やすりでセッセと磨きべた塗りまで終わらせました。
毎度のご報告ですが、ビリーさんの色塗り手伝いはサンタの表と裏、脇の部分を1回ずつ
色塗りするところまでです。

IMG_1763_convert_20180830174520.jpg

万年べた塗り専門ですが、ハイ、ここまでで、あとは色塗り作業員が仕上げます。
今年はこの写真のサンタの完成ノルマは70個プラスアルファだと仕事上の上司が言っています。
そんなに作って売り先があるのか、とビリーさんが心の中で、