プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
インドのタペストリー
イベント出店の時に使う

毎年夏から秋のイベント出店の時に使う布があります。商品を並べるテーブルだの箱?の上に
掛けるものです。大抵は無地の布を用意しますが、テーブルの前に垂らしてテーブルの下に
置いてある段ボールだの弁当、飲み物などを隠すためのものは柄物(模様入り)を使っています。

                 IMG_0798_convert_20170910153201.jpg

こんな感じのものです。これは20年も前にインドで購入しました。タペストリーのようなものです。
縦80cm横180cm程です。

先日若いカップルがビリーさんちに遊びに来ました。インドにツアーで行くと、そこで師匠がインドに行ったら
可愛いクッションカバーや大きなものではタペストリーが沢山売っているから、記念に買って来たら、と、

えっ、どんなのですか、と聞かれて、ビリーさん確かうちにもあったわよね、誰かにあげてないでしょう、と師匠が、
??????、とビリーさん、

スミマセン、実はタペストリーは師匠に内緒で毎年イベントで使っているため下半分は日焼けしてしまい今は
見るかげもないんです。

            IMG_0799_convert_20170910153251.jpg

写真の下の部分が日焼けしてくすんでいるのがわかりますか。

2階から持って来てくれる、向う(インドで)買うとお安いけどこっちで(日本で)買うと高いみたい、と師匠が、
とりあえずお客さんの前にタペストリーを持って来て拡げましたが、師匠は唖然とした表情でしたので、

ほらさっちゃん(亡くなったわんこです)と何度か公園に行って拡げて使ったから日にあたってくすんだか、
とビリーさんが、

そうか、使ったあと1度も洗わないで何年もしまっておいたからね、と師匠が、世の中にはいい人もいますね
スポンサーサイト
ハロウィン用の黒猫
猫の前足が不自然だと・・・・・、

ハロウィン飾りで簡単に作れるもの、と取引先のオーナーさんからご注文を頂いたので、色数が少なくて済む
黒猫グッズを作ることにしました。

あがってきたデザインを板取して糸のこで下書き通りに切り抜きました。猫の耳のところから時計回りに
糸のこで切り抜き始め、ちょっとやっかいな足の部分もなんなくこなして、

その時ですかね、ふと頭に浮かんだのが、これ脇も(板のです)色塗りするのに足と足の間が狭いから
大変だな,などと考えがよぎりましたが、猫を切り抜き終わって、色塗り作業員に、これと白木の猫を
渡して、早かったね、とお褒めの言葉をいただいので、やる時はやる男だよ、とビリーさんが、わかった。
すぐ色塗りに入るよ、と色塗り作業員が、

ううーん。ビリーさん、前足が変だよ、片方の足の肉球部分の切り込みおかしくない、と色塗り作業員が、
どうぞ写真をご覧ください。前足の肉球?です。

              IMG_0797_convert_20170909130602.jpg
試作品の猫の足をじっと見て、ビリーさんが言いましたよ、これぐらい勘弁してよと、お客さんは気になると
思うよ、と色塗り作業員が、切りながらちょっと考え事していたんでその分糸のこの動きが遅れたんだよ、

言い訳はいいから、と色塗り作業員が、○△米〇・・・・、糸のこの腕が落ちました。




                     IMG_0796_convert_20170909130643.jpg

2枚目の写真はどうぞ拡大でご覧ください。




2017 最初のクリスマスグッズ
雨の日の農道ミーティングで

今年の夏のビリーさんちのグッズの動きは肝心のお盆週間がやや不調に終わりました。
あとから他の業者さんから聞いた話では県北(栃木県北部)の観光地で商売している業者さんは
どこも悪かったらしいよ、と慰め?られましたが、他の業者さんは悪くてもビリーさんちだけは良くなくては
いけませんので(スミマセン暴言です)

先日、雨の中を稲穂の成長を横目に見ながら農道ミーティング(車の中でコンビニコーヒー飲むことです)を
行い、今年はクリスマスグッズの完成個数を昨年を上回る、これが目標だ!と決まりました。

            IMG_0795_convert_20170907211308.jpg

まずはこれまでの定番商品をもう一度見直して、より高いもの(販売価格ではありません)にする。
その手始めに写真の「横向きサンタ」ですが、いままではサンタの裏とでも言うんでしょうか、後ろは
彩色無しか赤色一色で塗りつぶしていたものを今年から裏も表側同様に帽子や髭を描きこむことに
決まりました。

それで売り上げが伸びるとは思いませんが、商品価値はアップするかと、そんなこんなで完成までに
手間は今までの倍近くはかかりそうです。

この日の農道ミーティングで「横向きサンタ」の販売価格をあげよう、という声は雨の音にかき消されて
ビリーさんの耳には聞こえてきませんでした。

納品途中に
IMG_0787_convert_20170902215119.jpg
接写の限界

今日もまた子猫を見に行って来ました。ビリー家全員(大人2名)で、写真撮ってもらいな、のオーナーさんの
ひと言で、コンパクトデジカメ構えて必死に撮ろうと、何度も試みましたが子猫の動きが早すぎて思うような
写真が撮れませんでした。

どうぞ写真拡大でピンボケではありますが、4匹の中でビリーさんのお気に入り猫をご覧ください。

お店のオーナーさんは3時間おきに愛猫(あいびょう)のミルクを哺乳瓶もどきで飲ませ、絵の具用の筆で
その部分をなでておしっこを出させているとか、

子猫の里親になっていただける方が見つかるまではオーナーさんが育てると母親業、がんばっています。





またも猫話です
今度は子猫4匹です

続くときはつづくものですね。29日の火曜日に那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいる
だけですが)から突然「ネコみたい?」というメールがありました。前後の話が見えないので意味不明、
理解不能と思っていたら、

那須の女さんのお店の近くで子猫を保護したとか、可愛いよ、と言われたもんですから近くのセブンで
待ち合わせて師匠と一緒に子猫を見せてもらいました。

                  IMG_0765_convert_20170830211215.jpg



                           IMG_0768_convert_20170830211257.jpg
どうぞ2枚目の写真はぜひ拡大でご覧ください。

イヤイヤイヤ、確かにかわいいです。母親に子猫を4匹保護した、と連絡したところが家に連れて来い、と
承諾を得たので家で2週間ほど世話をして知り合いの里親会のオーナーさんに相談するとか、

4匹もよく一度に確保できたと感心しましたが、那須の女さんのご自宅にはすでにうち猫が4匹?イヌが3匹も
いるというのに、御母上の動物に対する寛大な心に・・・・・、普段のお世話は母の務めかと