プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
木の雑貨 白木を磨く
小さな応援団

今日も空模様を気にしながらの糸のこ作業です。板を切る仕事が終わった午後、
近くの小学生が遊びに来ました。というよりガレージの前に白いチョークで真っすぐな線を引いてあるのが、
どうやら気になったようです。

なぜか、の問いに地面に白いチョークで線を書いておくと、その線を越えてアリが入って来ないと本に
書いてあったと説明しました。この言葉に子供たちが直ぐ反応しました。

あいにくアリの姿が見えません。なにを作っているんだ、という話で糸のこで切ったものを紙ヤスリで
コツコツ磨いてきれいにしていると言うと、自分たちもやってみたい、コールです。

まあ、怪我の心配はないが、木の粉が飛んで埃っぽくなると、ややくどく説明したんですが、
もの珍しさもあるのかなかなか聞き入れないもんで、10分だけという約束で子供2人とビリーさんで、
写真の糸のこ盤の上にあるネコだのイヌだのをコツコツ磨きだしました。

会話が無いのもなんだと思って今日は帰りが早かったんじゃあないかと聞きました。
明日運動会だから、その前に国語のテストをやって終わった。そんなものなのかと思いながら、
なんのテストだったのと尋ねると、漢字と反対言葉とかえってきました、出来たか、
おれ100点の自信ある、すごいね、やってみる、問題覚えているの、うん、

入口の反対はなに、出口だろう、正解、 帰るの反対は、うううーんとビリーさん考えて、帰らないと
答えました。2人は顔を見合わせて、小さくボソボソ、そうとも言う、 (彼らなりに気を使っている
様子です。)

ちょっとおかしいかと聞いてみました。そくざにウンと言いました。

外の気配で師匠が出てきて気持ちだけのドリンク002_convert_20100530001433.jpg
タイムです。ビリーさんが冗談が過ぎると怒られて、
他にどんな問題が出てたのと師匠が優しく子供に聞いたら、来るの反対、
それでなんて書いたの、コナイ。 (ゴメンナサイ、100点はムリかも知れない。)




スポンサーサイト