プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
わんヤダを届けてきました。
この橋を渡れば近道かな

東北道の矢板インターで降りて今市(日光)方面に向かう途中の塩谷というところのキャンプ場に
わんこのキーホルダーを納めて(納品)きました。

ビリーさんちからキャンプ場までは一般道をひた走ってたっぷり1時間の道のりです。
道路が思ったより空いていたので予定より早く帰れそうだ、ということで塩谷の古い街並みを
ブラブラ歩いていると小さな喫茶店を見つけました。ちょうど昼時ではありましたが、珈琲だけ
でも飲んで行こうと、狭い道路沿いのお店のドアを内側に押して、

照明は付いていますが、店内に人のいる気配はありません。店の奥から微かにラジオの音が
聴こえてくるような、窓ぎわの4人席の低いテーブルの上には読みかけの新聞が、テーブルとテーブル
の間の通路の隅に幼児用の手押しの乗り物のようなものが横に倒れたままになっているのが見え
ました。

帰るべえ、そうは思ったんですが、反射的にスミマセン、と声を出して呼んでしまいました。
続けて店の奥に向かって、こんにちは、とビリーさんが、連呼。幸い?誰も出て来ません、

そのあとは入口のところで「帰りますね」と小さく呟いて店をでました。

P1010261_convert_20120729215745.jpg
ハイ、そんなこんなで次に着いたところが、今日の写真の吊り橋です。この吊り橋を渡ると
とある集落に行くのに近道なんです。吊り橋の長さは歩幅で46歩でした。

踏み出して数歩で揺れます。恐いですよ、ぜひ拡大でご覧ください。
スポンサーサイト