プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
明運星(めいうんせい)の空洞を潜ると・・・
張り合っても似たものどうし

ひょんなことからビリーさんと師匠とその友人(女性)の3人でとあるお寺さんに出かけることに
なりました。

最近わずらわしいことが多いと言う師匠の友人の話を聞いて、それなら厄ばらいにこれから行こうと
もうすでに陽は西に傾きかけている時間帯にとあるお寺さんの山門を男1女2でくぐりました。

本堂のご本尊さまに向かって手を合わせ3名心から合掌、目を開けると本堂の廊下にご住職さまが
いつこられたのか仁王立ち、

ビリーさん、師匠の順にご挨拶、友人はただポカーンとご住職さまを見つめていました。
その場で少しお話をした後で、
ご本尊さまに(本堂に上がって)手を合わせていただいてかまいませんか、とビリーさんが、
どうぞどうぞ、とご住職さまが、3名横一列に並んで正座、・・・合掌、友人はお寺の本堂と
名のつくところはまったくの初体験?らしく、やたらと周りをキョロキョロ、

P1010214_convert_20120703213200.jpg
ここから少しややこしいお話になりますのでぜひゆっくり読んでやってください。お願いします。

ご本尊さまを拝みお寺の境内を少し歩いて、高さ2メートル弱位の御影石で出来た星形の碑を発見。
その星形の碑の真ん中に丸い形の空洞がありました。師匠が、ここを潜るとスゴイご利益があるん
だよ、△□米△ちゃんの厄もきっと落ちるよ、と友人に、

やるやる、私潜るよ、と友人が、そこで直ぐにも丸く狭い穴を潜ろうとしている友人に師匠が、
△□米△ちゃん、ちょっと待って、ここに色々説明が書いてあるから、何か読んでその通りにして
潜らないとご利益が無いみたいだよ、と師匠が、

星形の碑の直ぐ脇に案内板がありました。明運星(めいうんせい)の空洞を潜り抜けることで
厄が落ち運気がひらく、とあります。もちろん作法がありまして、北斗七星の星の部分に
梵字が書かれていて自分の星に右手を当てて祈り、その手で丸い空洞の中へ・・・・

もう少しずつ辺りが暗くなって来たのに案内板の説明書きを必死に師匠と友人(女性)が声を
出して読みながら案内板に書いてある北斗七星の7つの梵字を生まれた月日に合わせて手でベタベタ
触っているんです。

これで大丈夫ね、と友人が、うん、と師匠が、友人はさっそく狭い穴に散々迷った末に頭から
投入しようとしましたよ、

ハイ、そこでビリーさんは言いました。あのね、必死なところを悪いんだけど、そのまま潜って
もご利益無いとおもうよ、とビリーさんが、ええ~っ、なんで、と女性2名が、

スミマセン、このお二人は案内板の梵字を次から次へとベタベタ作法の順番通り触りましたが、
それは看板に書かれた文字(梵字)をただ触っただけです、

この御影石の星形の碑の表面に彫ってある梵字を触らなければ全く意味はありません。
お寺でのお話は次回も続きます。

スポンサーサイト