FC2ブログ
プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
2010年 9月の記事ですが
まあ一服のお誘いを受けまして

さぶお坊さまとの出会いを書いた記事を改めて載せました
ヘタな本文の記事内容はいじっていません。記事が2010年9月のものになります。


休日の男のカフェのようすはどうかと町まで出かけました。もし混んでたらコンビニでボスの
缶コーヒーでも買ってどこか眺めのいい場所に車を止め、農道ミーティングでもしよう、そんな
気持ちで男のカフェへ、あれ、先客無しでした。

1時間も居たでしょうか、このまま帰るのもなんだということで家とは逆方向へひた走って30分、
県道沿いに臨済宗(りんざいしゅう)のお寺発見、ちょっと寄って見る、ということで駐車場に車を
止めました。

山門をくぐるとさるすべりの花が満開です。境内は思った以上の広さで本堂もりっぱ、意外と庭木が
少なく季節の花木も目につきませんでした。まずはお賽銭をあげてまったくご本尊さまも見えない
位置で合掌。

本堂と別棟を結ぶ渡り廊下も長くてスゴイね、なんて師匠とブラブラ歩きながら話していました。
御朱印帳でも持って来ればよかったかと中をガラス窓越しに覗いていると、
廊下の奥からお坊さんが現われて、(この方がさぶお坊さまです)日曜法話をお聞きになりますかと、
突然言われました。いやー、とビリーさんが、

お時間があればどうぞ、ご遠慮なさらないで、今日お集まりの人たちはみなさん初めての方ですから、
ここは断ろうと思ったんですが、師匠がよろしいんですか、と尋ねてしまったんです。

まあ、とにかく履き物を脱いでお坊さまに言われた通り受付みたいな所で住所氏名を書き込んで
案内されるまま付いて行ったんですが、師匠が歩きながらビリーさんの腕を叩くもんで、
えっ、て言ったんです、この場でティシュにお布施でも包むのか、という感じで、

どうもそうじゃあないらしいんです、何と小声で聞いてみました、トイレに行きたいという
んです。このアホ、場の空気読めよと思いましたが、
あの、お坊さま、申し訳ありませんがお手洗をお借りできますか、とビリーさんが言いました、
まったく無表情で、便所は廊下を戻って左奥です、法話の席はこの廊下の先です、みなさん
お集まりですから直ぐ分るとおもいます、

申し訳ありませんと誤り、取りあえずお坊さんから離れて、師匠にお坊さんあきれてなかったか、
便所と言ってい001_convert_20100830215212.jpg
たぞ、あれは気分をがいしたんだよ、いまどきそんな言葉使うかあ、

普段使っているから言ったんだと思うよ、と師匠が、それよりお手洗が無いよ、
廊下に小部屋がいくつかありますが、確かに便所はない感じです。
我慢しちゃえ、無理だそうです、

ゴメンナサイ今日はここまでで明日すっきり続きを書きますね、



スポンサーサイト