プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
小さなお友達 2013 夏 (1)
手加減無用 ビシビシやる

ビリーさんとは長いつき合い、腐れ縁関係の農家の小学生男女4人が午後のお昼寝時間にやって来た
そうです。

小学5年生の男子が2人、あとの1人と女の子は小学4年生です。彼らの目的はうちの師匠に
勉強を見てもらうとか、おいおい、大丈夫か、と話を聞いて思いましたが、もう勉強道具持参で
上がりこんでいましたので、

納品から戻ったビリーさんが家の居間?のようなところのいつもはヤマザキの6枚切り2枚ランチを
食べる4人掛けテーブルに小学生達が座ってそれぞれ問題用紙?に必死にエンピツを走らせている姿を見て、

おお、がんばってるね、と言ったんですが、彼らに完全無視されました。少し離れたイスにビリーさんが
座ってフト、テーブルの小学生に目をやると、女の子はイスの薄いクッションの上に正座です。
痛くないのか、コイツと思いましたよ、脇の4年生の男の子は床に足が届かないのか、こともあろうに
その子の足元で大の字で眠っているわんこの腹に両足を乗せていました。

てめえ(スミマセン暴言です)ビリーさんだってそんなことしたことないぞ、と(心の中で

師匠は彼らにやらせている問題を自分も同じように解いているようでした。しばらく下を向いたまま
顔を一度もあげませんでした。

その時ですかね。ううむ、あいつ、とビリーさんがイスから立ち上がって5年生の男の子のそばに、

ハイ、師匠がただならぬ気配を感じて顔をあげてビリーさんの様子を凝視、

一人だけ口を開けて盛んにピチャピチャ口を動かしているヤツ発見、
タカアキ、とビリーさんが、他の子供たちと師匠が同時に名前を呼んだ子の方を見たかな、

スミマセン。記事が長くなりますのでこのあとのことはP1010506_convert_20130302173414.jpg
次回と言うことでお許しください。



スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

何時も ありがとうございます。

ん~!!
なんだ なんだ?
早く 続きを・・・
[2013/07/27 16:46] URL | ピオーネ親父 #- [ 編集 ]

ピオーネ親父さんへ
こんばんは、

こちらこそいつもありがとうございます。今日は午後からスゴイ雷雨で
一歩も外に出れませんでした。

今日の記事の続きというかこのあとのてんまつはズバリたいした
ことはないか??と・・・・、

記事を引っ張ってスミマセン。
[2013/07/27 18:20] URL | ビリーさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する