プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
園芸種のエゴノキですが
ピンクの花が咲きました

前々回の記事でビリーさんちの前の敷地の雑木林でエゴノキの白い花の写真を載せましたが
白い花に少し遅れて園芸種のエゴノキですが、ピンクの花が咲きました。

               
               IMG_0474_convert_20170531174259.jpg

エゴの花が咲き終わり、白い花ビラが赤茶けて落ちるとやがて房に茶色い実を付けます。
その実を拾って殻を割って土の上にばらまいて置くと野鳥が食べに来ますが、エゴノキはわりと
発芽しやすいのか翌年には小さな苗木?が顔をだします。花を付けるまでになるにはもちろん
数年かかりますが、

家の前の道路から見える所にビリーさんちのピンクエゴノキがあるので、実が落ちたら拾ってとっておいて
くれや、と言われることがありますが、いままでに実をあげてピンクの花を咲かしたという話を聞いたことが
ありません。

ピンクの花も華やかで綺麗ですが、白は清楚で豪華な気がします。

                IMG_0475_convert_20170531174434.jpg

白いエゴの花は見ているだけで気持ちが落ち着きますよね。


プランターステックのクマ
体長30センチのクマグッズです

元々背丈が8㎝ほどのプランターステックとして作ったクマですが、たまたま那須の女さん(ビリーさんが勝手に
そう呼んでいるだけですが)
のお店でそのプランターステックを見た常連さんからクマの体を大きくして作って
欲しいと頼まれて、お客さんの希望通りの大きさに糸のこで切り抜いてみました。
          
                                     IMG_0369_convert_20170504214631.jpg

         IMG_0370_convert_20170504214806.jpg

プランターステックのクマを体長30センチに拡大すると、こんなにも違います。
随分大きく感じますが、壁にでも飾るのか、はたまたガーデニンググッズとしてお庭に置くのか、使い道は
聞いていませんが、クマの色はピンク系のご希望です。やっぱり完成したクマをブログでお見せした方が
いいですかね。
どうぞ写真拡大でご覧ください。
小さなキーホルダーの追加です
なんとか間に合いましたが

塩原方面の仕事仲間からどうしてもキーホルダーを連休前にもう1回納品して欲しいと頼まれ
4月度の同日、同時間棚卸しのある28日に少しですが無事納めて来ました。

どうぞ写真拡大でご覧ください。ウサギにベアー(クマ)、フクロウです。

                        IMG_0333_convert_20170428214021.jpg

キーホルダーは小さいので簡単に仕上がりそうですが、色塗り前までの作業工程がお時間とられます。

例えばクマを紙ヤスリでセッセと磨き過ぎると頭の部分の耳や両手の先がなくなってしまうことがあります。
なにもそこまで磨かなくても、と思われるかも知れませんがわりと材料の板が軟らかいためについ外仕事中に
ビリーさんが演歌でも歌いながらリズムをつけて紙やすりを磨く手を激しく動かすと、気がついたときはクマの
耳はそぎ落とす寸前、頭の形は平らになってしまいます。

もう一度写真拡大でご覧になりますか。まさかの耳なし芳一ベアーはないと思いますが、
どどどっと、ボタンです
サンタさんがやって来た

日曜日の午前6時20分頃でした。爆睡中だったと思います。ピンポン、という音がしたような、
同居人?も反射的にその音に反応して目が覚めたようです。

誰か来たよ、そうらしいね、やっぱり今のはうちか、出てみたら、行って、行って、この格好で
私は出れないよ、バット持って行った方がいいか、・・・・・・・、

こんな会話のあとでビリーさんが二階から階段をバタバタとスリッパも履かずに玄関に、
ハーイ、と声を出しながら玄関ドアを押して外へで出ると青い軽トラが走り去って行くのが見えました。

ハイ、郵便ポストの取り出し口?の上に何やらありました。
どうぞ写真拡大でご覧ください。IMG_0332_convert_20170423232356.jpg

白いボタンです。こんなに沢山なんなんだろうと思いましたが、

その2時間後です。サンタさんの素性(失礼な言い方でスミマセン)とボタンを届けてくれた
理由もわかりました。

                          IMG_0331_convert_20170423232216.jpg

これで正解ですね。あとはボタンに色を塗ってツリーを完成させてみます。
塩原の山の中
注文品のお届けに行っただけですが

14日の金曜日のことです。午前9時前に家の電話が鳴り受話器を取るとピー、という音がしました。
誰かが間違ってファックスを入れているのだと思いました。そんなことが4回ほど続いて、そのあとで
塩原に住んでいる、という男性から電話が入りました。

2か月ほど前に道の駅でビリーさんちのグッズを購入し、今回同じものがあれば直接買うことが可能か、
と、こんな内容の電話でした。

ビリーさんちまで来るというのをたまたまその日(14日)が塩原納品に出る予定でしたので、
ご自宅まで届けるか、途中で待ち合わせしてもかまいませんが、と申し出ました。直ぐにも欲しいと
おっしゃるので、

ハイ、その2時間後です。ご自宅?までの詳しい道筋の地図入りのファックスが入って、ナビは不可の一筆も
ありましたが、

            IMG_0291_convert_20170415214739.jpg

車を道路端に止めてこんな道を歩き出しましたよ、一人で、振り返るとビリーさんの車は段々小さくなって
やがて見えなくなりましたが、まだお客さんの家は見えてきません。

            IMG_0294_convert_20170415215114.jpg

この道って、どう見ても山の遊歩道ですよね。このあとどうなったと思いますか。たぶん片道20分ぐらい歩いた
と思いますが、同じ道を商品を持って戻って来ました。欲を出すものではありませんね。