プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
胡蝶の夢(こちょうのゆめ)
犬馬の心(けんばのこころ)


                IMG_1151_convert_20171231142926.jpg

忠誠心。人生の幸せや不幸せは予測できないと言いますが、今年は人の先を歩くことなく、
仕事上の上司(うちの師匠のことですが)やボランティア仲間に対してビシッと服従、できれば那須の女さん
ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)やサブお坊さま(臨済宗のお寺の副住職さま)の言いつけも
たまには聞くようにして穏やかな1年を過ごしてみたいと思っております。

あけましておめでとうございます。今年も「那須で木の雑貨を」ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
猫とユーモラスな看板?
三匹の猫

とある街でふらっと入ったお店でストーブのすぐそばのテーブル席が空いていたので、ここに座るかと、
ハイ、その時ですかね。どうぞ写真をご覧ください。かわいい先客がいました。

           IMG_1106_convert_20171216231013.jpg

わかりますか。写真左が親猫です。こんな狭い?一人分の椅子を占領して母1子供2で爆睡中です。
触ってもゆすっても起きませんでした。

その1時間後です。お店を出て路地をブラブラ歩いていたら、とあるビルの前で師匠の足を止まりました。
なんだろう、と思ったら、大きな看板を眺めて、これ、可笑しい、と

ぜひ写真拡大でご覧ください。IMG_1108_convert_20171216230652.jpg
楽しい看板です。ビリーさんには女装の趣味はありませんが
茨城県大子町へ
道の駅から徒歩3分の看板につられて

ビリーさんの夜の色塗り作業がまったくなくなってしまったので、色塗り作業員の仕事時間を減らすために
仕事サボって、茨城県の大子町(だいごまち)まで目的の無い外出をしました。

家を出発したのが午後の3時半を過ぎていました。県堺を越えて大子の町に着いた時にはもう日も暮れ
かかって、大子(だいご)の道の駅に着いた時には風も冷たく、買い物と手洗いタイムを澄ますとさっさと
車に戻ろうと、

ハイ、その時ですかね。道の駅の裏手の駐車場の隅に、「日本一のお地蔵さま」ここから徒歩3分の看板
発見。行くか、行こう、と言うことで、狭い路地のような道を、

           IMG_1033_convert_20171125220634.jpg

少し歩いて、住宅の屋根越しに何やら奇妙な建造物が見えてきました。
お地蔵さままでの参道?は個人のお宅の庭先を歩くような、

                  IMG_1032_convert_20171125220725.jpg

ハイ、到着で、日本一のお地蔵さまのお顔です。次の1枚はどうぞ写真拡大でご覧ください。

                                          IMG_1031_convert_20171125220809.jpg

ううううーん。日本一、高さは9メートル以上あるとか、周りの景観とは少しそぐわない気がしますが、


その1時間後ですかね。日本一のお地蔵様を拝見したあとは、大子(だいご)の繁華街を車で流してから、
帰り道にあるお店に寄って本格的な中華料理でもたらふく食べてのんびり帰ろう、という
ビリーさんの提案でこちらのお店でお食事を、


                    IMG_1036_convert_20171125220854.jpg

予算オーバーにはなりませんでした。







べた塗り仕事がありません
明日こそは、と

毎年決まってこの時期はビリーさんの夜のお仕事べた塗り(白木の板の表面と脇を1回ずつ塗ることです)
作業がなくなります。紅葉シーズンはイベント出店とお取引先の納品回りに時間を費やすために家での
外仕事(糸のこ作業)ができません。

明日こそはと思っていますが、荒れ庭が隣接する雑木林から風に乗ってパラパラと落ちてくる枯葉で
ものスゴイことになっておりますので、

                  P1130248_convert_20161120215519.jpg
これを綺麗に掃き集めて、枯葉を利用して芋焼きをしたり、出来れば炭を起こして
餅もやきたいし、炭火で沸かしたお湯でインスタントコーヒーも飲みたい。

ううううーん、べた塗り作業までは無理かも知れません。本日は身勝手な記事で申し訳ありません

ブログ休息日 66
窓から見える景色も

ハロウィン魔女とコウモリをペタッと貼り付けた自宅の窓から見える景色もすっかり様変わりして
今は荒れ庭に柿が四方八方に身勝手に伸びた枝に実っています。

柿はあまり好きではありませんが、実が硬めのものはなんとか口にしております。
ビリーさんちの周りの地域では庭に柿の木があるのはけして珍しいことではないので、自宅の柿を
おすそわけ、ということもままなりません。

                      IMG_0991_convert_20171118155211.jpg


日に日に熟れて来る柿を眺めては甘さが増してブジュブジュになった柿を好んで食べるのは「ヒヨドリ」
と「うちの師匠」ぐらいかと
嘆いています。

どうぞ写真拡大でご覧ください。