FC2ブログ
プロフィール

ビリーさん

Author:ビリーさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りリンク

猫好きが始めた猫好きのための猫雑貨屋。栃木県那須の猫茶屋工房
オリジナル猫雑貨 モロネコ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

那須で木の雑貨を
那須からがんばるニッポン製を旗印に、いつの間にか なくても生きていける木の雑貨を必死に作って、しっかり 働いていますブログです。
ドッグカフェのオリジナルグッズです
完成しました

先日無事商談が成立したドックカフェさんのオリジナルキッチンペーパーホルダーが
組み立て前まで仕上がりました。


              IMG_2004_convert_20181206171010.jpg

今回はドッグカフェのオーナーさんの希望でわんこの体に羽根を付けました。天使の羽根だそうです。
金曜日にビリーさんが外仕事でわんこの足の辺りに小さな釘を2本打って、接着剤を塗りキッチン
ペーパーホルダーの台に固定します。

毎回のことですが完成品に電動ドリルで穴を開けて金づちで釘を打つのは神経を使います。
予備(キッチンペーパーホルダーの)が無いので慎重にやりますが、また髪が抜けそうです
千客万来を願って
少しでも明るくなればと

ビリーさんちのお取引先の那須の女さん(ビリーさんが勝手にそう呼んでいるだけですが)のお店が
紅葉シーズンが終わると同時にお店の来客数が減って来た、と訊いたもんですから、
師匠?&ビリーさんからのささやかなクリスマスプレゼントとして本日の記事の写真のグッズを贈ることに
しました。

これです。

                     IMG_2001_convert_20181204170543.jpg

単三乾電池4本で赤く点灯します。店頭にでも置いてくれれば嬉しいのですが、ダサッと言われそうです。
お店の外の通りから目立つ所に置いておけ、と言いたいのですが盗られる、とか雨に濡れたらどうするの
と反発されたら、また買えばいいんだ、と言ってやりますが、誰が買うのと聞かれたら、付き合いやめます

師匠がやりました
1等が当たりました・・・・・・・が、

自慢話にならないように?気をつけて書きますが、

日曜日に師匠が家電量販店でクジを引いたところ、1等が当たりました
めでたい、めでタイ、おめでたい、ことです。1等の商品はこれです。どうぞ1枚目の写真をご覧ください。


           IMG_1996_convert_20181202213001.jpg

なんだこれは、の素晴らしい賞品に師匠も思わずその場で舞い上がってしまいました。

                                   IMG_1998_convert_20181202213105.jpg

壱億円、ボックスティッシュだそうです。あまりの嬉しさに家に帰って直ぐにビリーさんちのグッズ名(めい)
福猫まっちゃんと一緒に記念写真を撮りました。どうぞ写真拡大でご覧ください。

                  IMG_2000_convert_20181202213225.jpg

追伸 とある家電量販店の出入り口の脇でクジを引いて大当たりしたもんですから、男1女1とも
興奮して何も買わずに即家に戻ってしまいました。買うつもりでいたものは後日別の家電量販店で
購入するつもりでいます(スミマセン
外仕事日和
特注品ですが

先週のことです。とあるお取引先のドッグカフェさんからキッチンペーパーホルダーの注文が
入りました。20本です。

                   IMG_1992_convert_20181129230326.jpg

ドックカフェさんのオリジナルグッズです。わんこのイメージがわかりますか。
大型犬のゴールデンという犬種です。この白木のわんこの体は黄色に、耳はオレンジで塗ります。
今回はちょっとした事情があってわんこの体の真ん中に天使の羽根を付ける予定です。

イヤイヤイヤ、ここからは少し怖いお話になります。このドックカフェさんのオリジナルキッチンペーパー
ホルダーですが、まだ納品価格を決めていないのです。値段交渉をしていないのに、もうビリーさんが
白木の板を20枚糸のこで切り抜いて磨いてしまいました。

31日の夕方お店に仕上がり見本を1個持ってついでにその場で値段交渉をするわけですが、
ドックカフェのオーナーさんご夫妻が元生え抜きの営業マン?だったとか、

うううーん、何も考えずに当たって砕けろ覚悟で見本を持って行ってみます。


リンゴ園へ
りんご狩りとか

日光市からの帰り道のことでした。
往きと違う道を国道4号線に向かって車を走らせていました。すると小さな集落の外れにリンゴ狩り
という看板が出ていたので、ちょっと行ってみるかと狭い路地を曲がって小さな橋を渡ったらそのまま
ちょっとした空地のような所に出てしまいました。

なんだ行き止まりなの、と車を止めてじっと辺りを見回していると、少し腰が曲がった日焼け顔の女性が、
〇米△〇農園のりんご狩りはこちらです、と、まだ車に乗ったままのビリーさんに話しかけてきました。

取りあえず車から降りて、説明を訊くと、カゴとハサミを受け取ったらりんごはどれでも自由に選んでいいから、
ただしとったりんごは1キロ〇○○円でお客さんに買い上げて貰うだがな、と言うことです。

                IMG_1988_convert_20181127211701.jpg

ハイ、その15分後ですかね。師匠が想像していたリンゴの木とはイメージが違うということで、
ビリーさんが日焼け顔の女性に、スミマセン、五十肩がひどくて手が肩より上に上がらないので
取りあえず今日は帰ります、と言いました。日焼け顔の女性は一瞬顔つきを変えましたが、師匠が
スタコラ車の方に1人で歩き出したので、
あきらめたようでした。

追伸 ビリーさんがりんご園にいる間に車が空き地に2台入って来ましたが2台とも直ぐ出て行って
しまいました。 賢明かと、